安倍首相、準優勝なでしこに労いの言葉「国民に勇気を与えてくれた」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015決勝が5日に行われ、なでしこジャパンはアメリカ代表と対戦した。序盤の大量失点が響いたなでしこは2−5で敗れ、大会連覇を逃した。

 試合後には各界からSNSを通じて、なでしこジャパンを労う声が届く中、安倍晋三首相も自身のツイッターでメッセージを投稿。

「W杯で日本代表『なでしこジャパン』が準優勝となりました。2大会連続で決勝に進出し、チーム一丸となって最後まで試合に臨む姿は、国民に勇気を与えてくれました。同時に優勝したアメリカチームに心からのお祝いをお送りしたいと思います」

 最後まで諦めない姿勢を貫いたなでしこジャパンの健闘を称えるとともに、4大会ぶり3度目の優勝を飾ったアメリカ代表を祝福している。