米代表GKソロが2大会連続のゴールデングローブ賞…海堀は受賞逃す

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の決勝が5日に行われ、アメリカ女子代表はなでしこジャパンと対戦し、5−2で勝利。アメリカの4大会ぶり3度目の優勝で大会は幕を閉じた。

 試合終了後、FIFA(国際サッカー連盟)が、今大会の最優秀GK賞(ゴールデングローブ賞)を発表。アメリカ女子代表GKホープ・ソロが、2011年のドイツ大会に続く、2大会連続での受賞を果たした。

 なお、ゴールデングローブ賞の候補には、ソロに加えて、なでしこジャパンのGK海堀あゆみとドイツ女子代表GKナディン・アンゲラーの3名が選ばれていた。