「イソフラボン」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか? イソフラボンは大豆や豆乳に含まれている栄養素として注目を浴び続けてきました。イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすることから、更年期や生理の不調に悩む女性にとって欠かせない栄養素になっています。そこで今回は、女性ホルモンを応援! 大人女子に優しい「イソフラボン」の基礎知識をご紹介いたします。

イソフラボンってどんな成分なの?

イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをすることから注目を浴びるようになりました。大豆の胚軸部分に含まれている抗酸化物質の一種で、体内で発生した活性酸素を除去する働きがあるともいわれています。
大豆は日本を含むアジア地域で長い間食されてきたため、イソフラボンも食経験のある安全性の高い成分として評価されているのです。イソフラボンの主な働きとして、更年期障害の症状緩和、骨粗鬆症の予防、肌をつややかにするといった、女性に嬉しい作用が報告されています。

イソフラボンの摂取目安量をチェック

食品安全委員会が提示している「「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」によると、1日あたりの大豆イソフラボンの摂取量は、上限値を70-75mgとしながらも、1日30mgが望ましいとされています。摂りすぎには気をつけながら、バランスよく摂取していきましょう。最近は豆乳などにもイソフラボン含有量が明記されていますので、確認して購入すると良いでしょう。

イソフラボンとエクオールの関係もチェック

イソフラボンに女性ホルモンと似たような働きをさせるためには、腸内で「エクオール」という成分をつくることが必須となっています。日本人全員がこのエクオールをつくれるわけではなく、つくれる人は約半分程度といわれています。特に若い人のほうがエクオールを作れない傾向にあるともいわれます。エクオールの産生には、大豆そのものの摂取量や腸内環境が関係しているといわれており、自分がエクオールを作れるかどうか知りたければ、市販されている専用チェッカーを購入し調べることが可能です。

イソフラボンの恩恵を全ての人が享受できるとは限りません。女性ホルモンのバランスによる不調に悩まれている方は、まずは自分にエクオール生産能力があるのか調べてみるのも一つ。エクオールがつくられている場合は、安心して食事やサプリメントからイソフラボンを摂取していきましょう。


writer:山口 恵理香