<ザ・グリーンブライヤー・クラシック 最終日◇5日◇ザ・オールド・ホワイトTPC>
 米国男子ツアー『ザ・グリーンブライヤー・クラシック』は全日程が終了。混戦で迎えた最終日も抜け出す選手はいなく、ダニー・リー(ニュージーランド)、デビッド・ハーン(カナダ)、ロバート・ストレブ(米国)、ケビン・キスナー(米国)の4人がトータル13アンダーでホールアウト、勝敗はプレーオフへ持ち込まれた。
米国男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 18番(パー3)で行われたプレーオフ1ホール目。リーとハーンがバーディを奪取。ストレブとキスナーはバーディを奪えず1ホール目で脱落した。続くプレーオフ2ホール目(17番・パー5)ではリーがパー。一方のハーンがボギーを叩き勝負あり。リーが4人のプレーオフを制し、ツアー初勝利を果たした。
 1打差のトータル12アンダー5位にラッセル・ヘンリー(米国)。続くトータル11アンダー6位タイにはブレンドン・トッド(米国)、アンドレス・ロメロ(アルゼンチン)、デビッド・リングマース(スウェーデン)ら7人が並んだ。
 また、『全米オープン』以来の出場となったタイガー・ウッズ(米国)は最終日3バーディ・ノーボギーの“67”で回り、トータル7アンダーの32位タイで終えた。順位こそ32位タイと平凡だが、3日目以外すべてアンダーパーでラウンドでまとめたタイガー、復調の兆しを見せた。
 また、初日4位タイと好発進をきった石川遼だったが、3日目に崩し後退、最終日では3バーディ・3ボギーのパープレーで巻き返せず76位で大会を終えた。
【最終結果】
優勝:ダニー・リー(-13)※プレーオフ
2位T:ロバート・ストレブ(-13)
2位T:デビッド・ハーン(-13)
2位T:ケビン・キスナー(-13)
5位T:ラッセル・ヘンリー(-12)
32位T:タイガー・ウッズ(-7)他
76位:石川遼(E)
<ゴルフ情報ALBA.Net>