ホテルの講座で女子力UP!京王プラザホテルで“有田焼”のテーブルコーディネート講座

写真拡大 (全2枚)

おしゃれなライフスタイルに憧れるなら、素敵な洋皿もいいけれど、日本伝統工芸の華やかな食器をさりげなく取り入れるのが今どき。そこで注目したいのが、7月31日(金)に京王プラザホテルで開催されるセミナー「『有田焼×家の器』が繋がる魔法のメソッド」(1名7000円)。日本を代表する伝統工芸品の有田焼を中心に、手持ちの食器を身近なツールと合わせるテーブルコーディネートを学んだり、ホテルの本格イタリアンディナーを楽しんだり…充実の時間が期待できそう。
有田焼は佐賀県で誕生して来年で400年を迎え、精巧かつ華麗な作風が特徴の磁器。高価で使うのが難しいというイメージがあるかもしれないけれど、そんな有田焼と手持ちの身近な食器と組み合わせておしゃれに楽しもうというのが、今回の講座のテーマ。自宅で使っている食器をひとつ持参し、同ホテルで8月2日(日)まで開催している「有田・伊万里やきもの夏まつり」で展示・販売している食器と自由に組み合わせて学べるのだとか。これはかなり貴重な体験ができそう。

講師を務めるのは、有田焼に造詣が深いフードスタイリストの鈴木理乃さんと、料理や伝統工芸に関する仕事を数多く手がける編集者の舟橋愛さん。有田焼をポイント使いにして優雅な雰囲気を出すセッティングや朝食シーンのコーディネートについて学ぶことができる。 

当日、早めに足を運べるなら、ロビーで展示中の佐賀県庁所蔵の約2mの「色絵花鳥図大花瓶」や佐賀県立九州陶磁文化館所蔵の「色絵龍貼付牡丹鳥人物文筒形大瓶」など貴重な明治時代の有田焼を鑑賞(入場無料)するのもおすすめ。その歴史や技術の高さに触れ、有田焼を理解した後でセミナーに参加すれば、より充実した時間が過ごせるかも。

今回の講座は食事付きなので、レッスン後には館内のレストラン「デュオ フルシェット」で、パスタをはじめ、デザートなど、ホテルの本格イタリアンの味を堪能できる。友達と一緒にセミナーに参加すれば、ディナータイムも話題が尽きないはず。

ほかにも、同ホテルでは大人女子向けの講座を随時開催しているとか。プライベートでもオフィシャルでも、会食やパーティなど、いざというときにスマートな立ち振る舞いができる知的で大人な女子を目指すなら、こちらもチェックして。