第二弾決定!街中を巨大スライダーですべる「スライド・ザ・シティ」がお台場に

写真拡大

街の真ん中で巨大なウォータースライダーに乗って、秒速10mの速さで駆け抜ける…そんな「まさか」の爽快体験ができる、スピード感あふれるイベントが日本に初上陸。路上の非日常空間で、思いっきり歓声をあげてみたくない?

2015年6月6日(土)と7日(日)に、お台場のシンボルプロムナード公園で開催された「Slide the city(スライド・ザ・シティ)」は、道路に全長約300mの屋外ウォータースライダーを3つ設置して、開放感あふれる会場で、大規模な水遊びを楽しもうというもの。1万人以上を集めたこのイベントの第2弾が、7月18日(土)、19日(日)、20日(月)に登場する。

スタート付近から水を一気に放水することで、勾配の角度によっては秒速10mほどのスピードですべることも。これは、陸上競技で100m走の世界記録並みなのだとか。
アメリカのソルトレイクシティでは、初開催で6000人もの人がスライダーを楽しむ大盛況となり、終了後にも、公式のウェブサイトでアクセスが1000万回を突破するほど世界中が注目。そこで今年は、世界150都市での開催を目標にしたそう。

日本では、「泡パ」など話題のパーティをプロデュースしているパーティクリエイター“afromance(アフロマンス)”と、「早朝フェス」の仕掛人である“ハッピネスアーキテクト”がタッグを組んたクリエイティブユニット“Afro&Mo.”が、日本での運営権を取得。

「ねぶた祭り」や「阿波踊り」など路上でお祭りを繰り広げる文化が古くから日本にあることから、「スライド・ザ・シティ」は馴染みやすいと考えたのだとか。「今後、首都圏も含め、全国で開催する予定なので、そちらにもご期待ください!」と、広報担当のたなかけいすけさん。8月15日(土)、16日(日)には西武プリンスドームでこのイベントの縮小版も開催される予定だとか。


会場には飲食ブースや着替えのスペースもあり、周囲では音楽などを楽しむイベントも予定されているから、スライダーを中心に、道路がパーティ空間になるみたい。彼や友人たちと一緒に街中を巨大なスライダーで駆け抜けたら、気分も一気に盛り上がりそう。興味がある女子は今すぐチケットを購入して。