固定電話に学んだ「家族がつながる」デヴァイス

写真拡大 (全3枚)

スマートフォンの多機能化が進むなか、その流れに逆らうように「シンプルな」コミュニケーションツールへの需要も高まっている。あるアメリカのスタートアップが開発したのは、昔ながらの固定電話のように、子どもたちが家族と簡単につながるためのコミュニケーションデヴァイス「Ily」だ。

「固定電話に学んだ「家族がつながる」デヴァイス」の写真・リンク付きの記事はこちら

いまや固定電話は、ほとんど不要なアイテムだ。アメリカ人の41パーセントが、もはや固定電話をもっていないともされている。しかし、この古きよき「呼び鈴」は簡単な連絡手段であったし、知識なしに誰もが利用でき、ペアレンタル・コントロールも必要なかった。

スタートアップ企業Insensi社は、この固定電話のシンプルさとダブレットと結び付けることで、かつての“使い勝手のよさ”を取り戻そうとしている。「Ily」と呼ばれるそのデヴァイスは、家族とのコミュニケーションの中心になりうるのだという。

関連記事現在の通信技術は、昔から存在していた

Insensi社CEO、イラン・アベハッセラは、Ilyのハードウェアとユーザーインターフェイス開発に取り組むため、クリエイティヴコンサルタント企業のMAPKanoのコンピューター組み立てキット(日本語版記事)やヴァージン・アトランティック航空のフードトレイ、センサー付きのおもちゃのボールなどのデザインを手がけている、ロンドンをベースとしたデザイナー集団)を採用した。

アベハッセラとMAPデザインディレクターのジョン・マーシャルはともに、幼い子どもをもつ親である。2人は子どもたちを見ていると、彼らががいまのデヴァイスで、祖父母、いとこ、家族、友だち、そしてそのほかの大切な人々と連絡を取り合うのが困難だと感じているという。

TAG

DesignDeviceGadgetSmartphoneWIRED US

子どもたちにスマホなどを使わせるときの問題は、〈デヴァイス自体が、誰の所有物なのか〉という点に行きつく。

その端末は保護者の契約したものだから、当然、その電話番号(あるいは「Instagram」や「Whatsapp」などSNSアカウントでも同様だ)は、子どもたちのものではない。さらに保護者たちは、当然ながら自分たちのスマートフォンを子どもにずっと手渡しておくわけにはいかない。

「わたしの子どもたちは、スマートフォンで『Skype』を使いこなすことができます。でも、彼らを全面的に信用できるわけではありません。わたし自身がSkypeで、お客様と連絡を取ることもありますから」とマーシャルは言う。「親として、子どもたちにかかわる〈何か〉をデザインすることは、ひとつの挑戦なのです。昔は固定電話がそうであったように」

つながりを切る「アーミーナイフ」

Ilyは、従来のヘッドフォン端子やWi-Fiとも接続できる。タッチスクリーン上のアバターをタップすれば、「電話をかける」「ビデオ通話をする」「テキストを送る」などのオプションメニューが表示され、家族とつながるのも簡単だ。

「小さい子どもたちや年配のユーザーなど、テクノロジーに精通していない人でも、〈アバターをタップする〉ということはわかりますよね」とマーシャルは言う。

IlyはiOSやAndroidのアプリにも対応しており、スマートフォンをもつ両親が、外出先から自宅にいる子どもと通話することも可能だ。

スマートフォンの価値は「スイスアーミーナイフ」のように多機能であることだと考えられがちだが、それは固定電話がもっていた〈個人的なつながり〉を失わせるものでもある。

「多機能デヴァイスがあまりにも成功し、多くのことができるからこそ、もっと風変わりでシンプルな機能をもつデヴァイスをつくってほしい、という人々の欲求もあるのです。今回のケースのように、コミュニケーションと遊び心という強い感情に結びついたところで使われる場合には、特にね」

関連記事PC、スマホの「次」のデヴァイス:MITメディアラボ

TAG

DesignDeviceGadgetSmartphoneWIRED US