株主総会シーズンに合わせて企業の有価証券報告書が続々と提出され、経営トップの「年収」が明らかになっている。

 経営者の高額報酬を批判する報道も見受けられるが、昨年、史上最高額となる14億円(2014年11月期)の報酬を受け取った自動車部品メーカー、ユーシン代表取締役会長兼社長の田邊耕二氏(81)は、こう語っている。

「役員報酬は、個人としてどれだけ会社に貢献したかで判断されるべき。社長ではなく常務が貢献したのなら、常務の報酬が一番高くていい」

 田邊氏は、「早く後継者を決めたい」とも語る。

「トップの交代はなるべく早いほうがいいと思っています。僕自身の体調もあまりよくないのでね。ただ、血液検査やCT、MRIとかで検査しても原因がよくわからない。

 つい先日、大学病院の先生に診てもらった時も、『僕の具合が悪いのは何の病気か?』とずいぶんしつこく聞いたんです。そうしたら最後に出てきた答えが『うつ病だ』と。うつ病でこんな風になるんかな、と不思議ですが(笑い)」

 その上で、過去に後継者選びで苦い経験があったことを明かす。

「創業者である父が亡くなった後、僕が(1978年に)社長になるまでの間に3人の社長を迎えました。いずれも取引先の自動車メーカーなど、外部から呼んだ人たちです。

 ところがその3人とも、金遣いが滅茶苦茶だったりロクなものじゃなかった(笑い)。サラリーマンとしてある程度出世しただけの人は経営者としてお話にならない。みんなすぐに辞めてもらいました」

 そんな迷走を経て、田邊氏は44歳で社長に就任した。だからこそ、自身の後継者選びにも慎重を期しているという。

 ユーシンは過去に2度、社長を「公募」したことがある。最初の公募は2010年7月。上場企業としては前代未聞の試みだった。

 1722人の応募があり、当時49歳だった元外務官僚が採用され、社長代行に就任。ところが2011年8月の臨時株主総会では社長昇格が見送られ、田邊氏の社長続投と会長兼務が決定された。

 2回目の公募は2014年2月から行なわれた。〈社長候補求む!〉というコピーの新聞広告を掲載し、1回目は3500万円だった新社長の「最低保証年収」を1億円に引き上げた。

 しかし、最初の公募の顛末が影響したのか、応募者は約10分の1に減少。公募は同年8月に打ち切られた。田邊氏は公募がうまくいかなかったことについてこう振り返る。

「結局、社長が務まるような人材が来なかったということです。世の中には社長をできる能力のある人は非常に少ない」

 公募は諦め、「社内の人材から社長候補を育成するのも無理」との考えから、今は取引先の銀行などを頼って候補者を探している最中だという。

「三菱(東京UFJ)さんだとか三井(住友)さんだとかに頼んで、社長候補を出してほしいとお願いしています。銀行さんのほうは『喜んでやらせていただきます』といってくれていますが、なかなか人材がいないらしいんです。だから後継候補を採用する予定は立っていません」

※週刊ポスト2015年7月10日号