彼との体の相性を実感するためには、どうすればいい?

写真拡大

ちまたでよく言われる、「体の相性」の良し悪し。彼とのセックスは楽しめているけれど、いまひとつ実感できていない女子もいるのでは? そこで、幸せな「ラブライフ」のあり方を提唱するOLIVIAさんに、セックスにおける相性とはどんなものなのか、聞いてみよう。

「相性というのは、体型や性器の形状など以上に、“してほしいこと”と“したいこと”のマッチングなのです。極端にサイズなどが合わないときは問題ですが、女性の膣はいろいろな形状に合うよう柔軟にできているので、たいていの場合、物理的なことで相性の差は感じにくいはず。形や大きさだけで相性を判断しようとするのは、まだまだセックスの奥深さに気づいていないということかもしれません」(同)

例えば、いちばん好きな体位が一緒か、セックスのテンポが合うか、というのも相性の判断材料。あとは、自分がしてほしい愛撫を彼が好んでしてくれるかどうかが見極めのポイントだとか。

「女性が相性を実感しやすいのは、繋がっているときだけではありません。前戯にも相性があります。例えば、オーラルをしてもらうのが好きだけれど、彼がそれを嫌々しているとしたら、女性にとってもあまり嬉しくはないですよね。彼もそうするのが好きなら、前戯の相性がいいといえます。逆の場合も同じです」(同)

さらに、女性の感じ方は、恋愛感情やその日の気分によっても変わるため、ずっと変わらない絶対的な相性なんてありえないそう。例えば、恋愛感情がなくなると、とたんに相手の体臭が気になりだしたり…という経験がある女子もいるのでは?

「年齢とともに好きなセックスも変わってくるので、以前は相性がいいと思っていた相手と、久しぶりにしたらよくなかったということもあります。体の相性はふたりでつくっていくもの。コミュニケーションを深めて、お互いにセックスをカスタマイズすることで、どんどんよくなっていきます」(同)

もし、彼との相性が悪いと感じるのなら、コミュニケーション不足が原因かも? ふたりの相性のよさを実感したいという気持ちは、彼のほうも同じはず。どんな愛撫が気持ちいいのか、どんなプレイにドキドキするのかなど、お互いのツボを理解しつつ、“体の相性”はつくれるはず!

OLIVIA
ラブライフアドバイザー。2003年より、「触れ合うことの癒し効果」と「美容と健康」を研究すべく、アロマセラピストとして活動開始。2007年からセックスアドバイザーとして活動開始。2010年よりラブライフアドバイザーに改名。性行為だけでなく、食生活やメンタルケアを含む生活全般の「ラブライフ」の在り方を提唱する。ラブライフを楽しむための講座や、サロンでのアロマトリートメントも行っている。著書『最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス』(実業之日本社)など。