IPO株(新規上場株・新規公開株)に関する最新情報や初値予想、買い方のノウハウなどを『ザイ・オンライン』編集部が解説! 注目銘柄の分析から引き受け証券会社、IPOスケジュール、申込期間、公開価格、初値予想、市場の注目度など、IPO投資 に必要な情報をくまなく掲載する! さらに、証券会社ごとに過去の取扱実績や抽選方法などを分析し、IPOを申し込む際のおすすめ証券会社も紹介! IPO初心者にとっても役立つ情報・解説記事を大公開しよう。

いま話題になっている銘柄、自分が気になっている銘柄などはいつ買って、いつ売ればいいのか? 投資では一番の大きな問題だ。そこで、おすすめしたいのが各ネット証券のホームページで見ることのできる目標株価やレーティングを活用すること。今回は目標株価やレーティングを使って投資タイミングを判断する方法について紹介したい。

人気銘柄でも高い時期に買えば儲けにくい

 目標株価やレーティングは、各ネット証券でチェックができる【図表1】。

【図表1】ネット証券各社の目標株価・レーティング情報
目標株価 レーティング 理論株価 企業スコア
(割安性)
詳細情報
1 【証券会社名】SMBC日興証券
【一言ポイント】SMBC日興証券アナリストレポート充実。理論株価は四季報銘柄レポート。銘柄レポート検索可能
2 【証券会社名】SBI証券
(グラフ)
【一言ポイント】クォンツスコア掲載。「週刊日本株式アウトルック」の「来週の注目銘柄」欄には目標株価とロスカット株価あり
3 【証券会社名】岡三オンライン証券
【一言ポイント】トムソン・ロイター社のデータ掲載。目標株価の推移グラフが見やすい。岡三ネットトレーダーWEB(無料版)、プレミアム(有料版)だと詳細に見られる。一部銘柄で岡三レーティング情報も。
4 【証券会社名】カブドットコム証券
【一言ポイント】トムソン・ロイター社のデータ掲載。三菱UFJモルガン・スタンレー証券による評価レポートで、目標株価、レーティング表示あり
5 【証券会社名】GMOクリック証券
【一言ポイント】Shares社のデータ。株主価値と時価総額の推移グラフ掲載
6 【証券会社名】松井証券
【一言ポイント】QUICKリサーチネットで、QUICKコンセンサスの推移掲載
7 【証券会社名】マネックス証券
【一言ポイント】IFIS社のデータ掲載。個別銘柄ページ、「決算&業績予想」で、「株価と経常利益予想の推移」グラフ、レーティング分布・推移・同業他社比
8 【証券会社名】ライブスター証券
【一言ポイント】QUICK社データ。QUICKスコア掲載
9 【証券会社名】楽天証券
【一言ポイント】IFIS社、トムソン・ロイター社データ掲載。「株価とアナリスト予想の推移」グラフ、レーティング分布・推移・同業平均比較掲載

 岡三オンライン証券の場合、取引ツールに企業分析機能も付随しており、目標株価の推移がグラフで見られる【図表2】。最近、話題のファナック(6954)だが、【図表2】を見ると、目標株価近辺に達しているようだ。

 この銘柄の場合、過去の値動きを見ると、目標株価を上回りながら上昇した時期もあり、目標株価が絶対とは言えない。それでも、今、話題の銘柄だからといって高騰している時期に買ったら利益は出にくいだろう。そこで、ひとつの手として、好業績銘柄や話題のテーマ株の株価が、目標株価を下回っている時期に買い、上回っている時期に売る、という方法がありそうだ。

レーティングを流れで見る重要性

 レーティングとは、アナリストが5段階などで評価した株価格付けのこと。もっとも上位の買い推奨銘柄がおすすめだが、レーティングの推移もチェックしておきたい。松井証券やマネックス証券、楽天証券などは、コンセンサスレーティング(多くのアナリストのレーティング平均値)の流れが見られる【図表3】。高レーティング銘柄でも、過去からの流れで見ると、下降気味の場合がある。要はレーティング変化の原因となった材料を知っておくことが重要だろう。

 マネックス証券(決算&業績予想)やカブドットコム証券(評価レポート)では、レーティング変更のニュースを、過去にさかのぼって見られる。変更の原因を探す際には便利だ。

◆マネックス証券【証券情報⇒マネックス証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】 プログラムトレードができる高機能無料ツール「マネックストレーダー」、リスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」、日本株や先物取引についてロボットの投信判断を日々配信する「マネックスシグナル」などユニークなサービスを展開する大手ネット証券。投資信託も1000円から積立ができる。
【関連記事】【マネックス証券おすすめのポイントはココだ!】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)