3位Tに浮上の岩田寛、3度目の正直で逆転なるか?(撮影:ALBA)

写真拡大

<長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ 3日目◇4日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,167ヤード・パー72)>
 北海道にあるザ・ノースカントリーゴルフクラブで開催中の、国内男子ツアー「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」の3日目。8バーディ・3ボギーの“67”で5つスコアを伸ばした岩田寛がトータル10アンダーの3位タイに浮上。大混戦となった上位陣に割って入った。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 この日は2番、3番と連続バーディを奪って立ち上がると、5番、8番と立て続けにバーディ。さらにハーフターン直後の10番でもバーディを奪って、一気にスコアを伸ばした。「グリーンが読みにくいんです、ラインも速さも合わない」と11番、12番は2ホール続けての3パットボギーと叩いたものの、13番、14番の連続バーディでカムバックを果たした。
 共に2位タイで最終日を迎えた「日本プロ日清カップ」と「関西オープン」に続く今季3度目の上位で迎える最終日。2試合は共に序盤のOBで自ら優勝争いから脱落し、肩を落として18ホールを終える結果となった。
 リベンジへ気合いは十分かと思えば、「明日、起きてみないとわかんないですね…」と威勢のいいコメントは吐かないのが岩田寛。「でも、今年の今までの最終日に向けての感じよりはマシ。まぁ本当朝起きてみないとわかんない。今朝も練習で酷かったけれど、回ってみたら意外と良かったし」。明日はどっちだ!
<ゴルフ情報ALBA.Net>