子どものTV出演の条件に出された「4つの質問」。あまりの残酷さに、涙を流す親も・・・

写真拡大

TV番組のオーディションに集まった、数組の親子たち。じつは、この企画には、ある秘密が隠されていました。

オーディションで親たちに
投げかけられた4つの質問

子どもたちのオーディションが終わった後、今度はお父さん、お母さんへの質問です。

ad-animal-2

「今まで何度もテレビやカタログなどに起用されているわ」

最初はごくごく普通の質問から。しかし、最後の4つの質問に親たちは皆、不満を隠せません。

Q.01
お子さんを2日間
預かってもいいですか?

ad-animal-4

「親無しで2日間?」

まだ小さな子どもを親から2日間も離すことに、動揺するお母さん。

Q.02
撮影のために前日は
ご飯を抜いていいですか?

ad-animal-4

「まだ子どもなんだよ!食べなきゃダメだろう」

驚いた様子で答えるお父さん。

Q.03
必要に応じて、子どもの歯を抜いても
問題ありませんか?

ad-animal-5

「いいや、問題はあるね」

ad-animal-6

「そんな契約には同意できない。広告のために我が子の歯を抜くなんて」

スタッフの質問に、親たちはどんどん不信感を募らせます。

Q.04
子どもが言うことを聞かない場合、
電気ショックを与えてもいいですか?

ad-animal-7

「子どもに電気ショックですって!?」

ad-animal-8

「悪いけれど、これは報告されるべき問題だわ。なんてこと言うのかしら」

ad-animal-9

「今まで広告業界で働いてきたけど、こんなこと言われたの初めてよ」

この質問には、どの親たちも驚いた様子。涙目になりながら質問に答えたお母さんは、急いで子どもを連れて帰りました。

ad-animal-10

あらためて、4つの質問をまとめてみてみましょう。

1.子どもを2日間、親から離して預かること。2.撮影のために、前日は子どもにご飯を食べさせないこと。3.必要に応じて、子どもの歯を抜くこと。4.子どもが言うことを聞かない場合、電気ショックを与えること。

オーディションの秘密とは?

実はこのオーディションは、スペインの動物保護協会FAADAが、広告に起用される動物たちの状況を訴えるために企画したもの。
これらの質問は、実際にテレビや映画に出演している動物たちに行われたことがあるものだとか。

ad-animal-11

TVや映画に動物が登場するのは、決して珍しいことではありません。しかし、その動物たちは、辛い想いをしているかもしれません。

実際の動画はコチラから。

この他にも、動物の虐待に関する記事をいくつか紹介しましょう。

【閲覧注意】生きたまま皮を剥がされ「泣き叫ぶ」ウサギ。その理由わかりますか?
【衝撃映像】棒で殴り殺され、生きたまま毛を剥がされる「赤ちゃん」アザラシ。犯人はもちろん…

Licensed material used with permission by ContrapuntoBCN