フォルクスワーゲン工場の作業員、ロボットに殺害される

写真拡大

ドイツのフォルクスワーゲンの工場で、作業員の男性が製造ロボットに殺害された。事故当時、ロボットのセットアップを手伝っていたという。

「フォルクスワーゲン工場の作業員、ロボットに殺害される」の写真・リンク付きの記事はこちら

フォルクスワーゲン(VW)社は7月1日(現地時間)、22歳の請負作業員がドイツのバウナタールにある同社の製造工場でロボットに殺害されたと発表した。

この事件についてAP通信の取材に答えたVW社のスポークスパーソン、ハイコ・ヒルヴィヒは、ロボットが作業員をつかみ、彼を金属板に押しつけたと語っている。作業員はその後、ケガの合併症により近くの病院で死亡したという。

ヒルヴィヒ氏がAP通信に語ったところでは、「当初の結論では、今回の事故は人的ミスによる可能性が高い」という。

作業員は事故当時、ロボットのセットアップを手伝っており、ロボットとの接触を防ぐために設置されていた金属製の安全ケージのなかに入って作業を行っていた。別の作業員もその場にいたが、安全ケージの外側にいたため無事だったという

7月1日付けの『フィナンシャル・タイムズ(FT)』紙の記事にはこう書かれている。「VW社のスポークスマンは、問題のロボットについて、最新型の軽量ロボットではない点を強調した。こうした最新型の軽量ロボットは、安全ケージの必要がない設計であり、生産ラインで直接作業員と恊働するものだという」

ドイツの地元紙『Hessische/Niedersächsische Allgemeine(HNA)』によると、問題のロボットは、フォルクスワーゲンの電気エンジンの組み立てに使われるものだという。

なお、このニュースには、ある種の病的な関心も集まっている。FT紙のサラ・オコナー記者が、自分の名前が映画『ターミネーター』シリーズに登場する「サラ・コナー」と似ていることに気づかずに、このニュースをツイートしたのだ。彼女のツイートは3,500回以上もリツートされ(現在は9,000回以上)、彼女のアカウントにはこのニュースをジョークにするメッセージが殺到したようだ。オコナー記者はそうしたメッセージを批判するツイートも投稿している。

A robot has killed a worker in a VW plant in Germany http://t.co/RRdCnNmbsj

— Sarah O'Connor (@sarahoconnor_) 2015, 7月 1

TAG

AccidentArstechnica USCarRobotVW