画像は「六本木天文クラブ」公式Webサイトより

写真拡大

都心にいながら七夕の星空を楽しめるイベント「七夕特別星空観察会」が、東京・六本木ヒルズ展望台にある東京シティビューにて、7月7日(火)に開催される。

【七夕デートは星空観察会で楽しも♡ 六本木ヒルズでロマンチックな夏の画像・動画をすべて見る】

通年で開かれている無料の天文イベント「六本木天文クラブ」の一環で行われ、海抜270メートルの高さを誇る屋上スカイデッキにて、天文学の専門家と一緒に織姫星や彦星、夏の大三角、土星の輪など、七夕にちなんだ星座や惑星を観察することができる。

ロマンチックな七夕をあなたに…


画像は東京シティビュー公式Facebookより

画像は東京シティビュー公式Facebookより



「六本木天文クラブ」は、六本木ヒルズの森タワー屋上にある日本一高い屋外型展望施設・スカイデッキにて、星空観察会や天文に関するセミナー、ワークショップなどを行っているイベント。

東京スカイツリーなどランドマークを含む東京の夜景を一望し、屋外の風を感じながらの星空観察が目玉となっている。

毎月第4金曜日には、専門家が天文ニュースと翌月の星空の解説するセミナーや星空観察会を行う「六本木天文クラブの日」も開催している。

画像は東京シティビュー公式Facebookより

画像は東京シティビュー公式Facebookより



今年の七夕は、環境省が推進する「CO2削減/ライトダウン キャンペーン」が行われ、東京タワーなどのライトアップが消灯されるため、星がいつもより見やすく、スカイデッキの営業時間も22時まで特別延長される。(通常は20時まで)

さらに、8月12日(水)には、星のソムリエによる夏の風物詩・ペルセウス流星群の解説セミナーも。8月20日(木)には、本格的な望遠鏡をつくり、実際に星空を観察するキッズワークショップなども催される。