アンコールで行われたコラボレーション

写真拡大

6月27日、28日の2日間、幕張メッセにて、ロックバンド・LUNA SEAの活動25周年をしめくくる初の大型ライブイベント「LUNATIC FEST.」が開催された。

【X JAPANも出演した最狂の宴! 新たな伝説が刻まれた「LUNATIC FEST.」レポの画像・動画をすべて見る】

史上最狂のロックフェスとも銘打たれたこのイベントには、主催のLUNA SEAはもちろん、かつて所属していたレーベルの直属の先輩にあたるLADIES ROOMや、TOKYO YANKEESも参戦。

また、ともにシーンを作り上げてきたSIAM SHADEや、ヴィジュアル系ロックというジャンルにおける最大の開拓者ともいえるX JAPANといった、音楽史に幾多の伝説を刻んできた、そうそうたる面々が名を連ねた。

さらに、そういったバンドたちが生み出してきたシーンから頭角を現し、若手でありながら破竹の勢いで進撃を続けるFear, and Loathing in Las Vegasや、いまなお世界からも絶大な支持を浴びるDIR EN GREYまでもが登場し、まさに日本ロック音楽史の総決算とも言えるような、世代を超えたバンドの共演が実現していた。

25年間、不動のメンバーでシーンに影響を与え続けてきたアーティストだからこそ実現した奇跡のフェスの1日目を、たくさんの写真と共にレポートしていく。

狂宴の幕開けを飾るLUNACY


会場は、幕張メッセの巨大な1フロアに、それぞれ「MOON」「SHINE」「FATE」と名付けられた3つのステージが設営され、各バンドが代わる代わるに出演。

オープニングアクトをLUNA SEAのインディーズ時代の名義・LUNACYがつとめると開催直前に発表されていたこともあり、開演前からアリーナには大きな期待感が募り、大歓声が巻き起こっていた。

RYUICHIさん(Vocal)

RYUICHIさん(Vocal)



INORANさん(Guiter)

INORANさん(Guiter)



SUGIZOさん(Guiter)

SUGIZOさん(Guiter)



Jさん(Bass)

Jさん(Bass)



真矢さん(Drums)

真矢さん(Drums)



LUNACYが登場するやいなや、会場はいきなりクライマックスかのような盛り上がりを見せる。

インディーズ時代を彷彿とさせる奇抜なメイクや衣装で、攻撃的な当時の楽曲「CHESS」や、「MECHANICAL DANCE」を力強く披露し、観客もヘッドバンキングやモッシュで激しくそれに応えていた。

ボーカルのRYUICHIさんが「LUNACYは、CYだぜCY!」と改めてLUNACYとして登場したことをアピールすると会場はさらに湧き、ファンであるSLAVEたちも大興奮の、まさに最狂の宴にふさわしい幕開けとなっていた。

影響を色濃く受け継いだバンドたちの登場



9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bullet



菅原卓郎さん(Vocal and Guitar)1

菅原卓郎さん(Vocal and Guitar)2



the telephones

the telephones



石毛輝さん(Vocal/Guiter/Synthesizer )

石毛輝さん(Vocal/Guiter/Synthesizer )



続いて登場した9mm Parabellum Bulletは、畳み掛けるような楽曲と圧倒的な轟音で一気に観客を引き寄せ、スペシャルゲストとしてが登場したLUNA SEAのベーシスト・Jさんとともに「Cold Edge」をさらに強靭な演奏で披露するなど会場を沸かせた。

また、2015年の活動をもって無期限活動休止を宣言しているthe telephonesのステージでは、登場するバンドの中でも一際異彩を放つハイテンションなディスコサウンドで、「HABANERO」といった初期の人気曲や「Love&DISCO」などライブの定番曲で会場中を1つにしていた。

Fear, and Loathing in Las Vegas

Fear, and Loathing in Las Vegas



Minamiさん(前:Scream) Soさん(後:Clean/Scream)

Minamiさん(前:Scream) Soさん(後:Clean/Scream)



coldrain

coldrain



Masatoさん(Vocal)

Masatoさん(Vocal)



カオスなサウンドでシーンを騒がせている最若手のバンド・Fear, and Loathing in Las Vegasのステージでは、開演前から前へ前へと観客が詰めかけ、多くの展開を繰り広げるダンスロック「Let Me Hear」「Flutter of Cherry Blossom」といった人気楽曲を立て続けに披露。

ハードなデスボイスやオートチューンを駆使したメロディックなサウンドで、会場を激しいダンスフロアに変貌させていた。

ラウドロックバンド・coldrainのボーカリスト・Masatoさんは「日本で一番ヘドバンできるフェスだと思います!」と客を煽り、「NO ESCAPE」といった静と動の同居した楽曲で会場を圧倒。

いずれのバンドも今のロックシーンを牽引し、数々のロックフェスを賑わしているが、共通して10代の頃からLUNA SEAからの影響を受けていたと公言している。

ステージ上でもMasatoさんが「歴史の一部に慣れて光栄です」と改めて述べたように、それぞれのバンドがLUNA SEAをはじめとした出演者へのリスペクトを惜しみなく語り、熱烈な演奏を繰り広げていた。

LUNA SEAが敬愛するシーンの先駆者たちも熱演



 TOKYO YANKEES

TOKYO YANKEES



NORIさん(Guiter)

NORIさん(Guiter)



日本のメタルシーンの第一人者TOKYO YANKEESは、かつてLUNA SEAと同じく、X JAPANのYOSHIKIさんが立ち上げたレーベル・エクスタシーレコードに所属していた。

ギターとベースとドラムからなる3ピースバンドにも関わらず迫力のある音圧で、ダイブが起こるほどホールを盛り上げる。

ギタリストのNORIさんが「たまたまいるから」とX JAPANのギタリスト・PATAさんを呼び込むと、会場からはどよめきが起こり、そのまま演奏された「HOLLYWOOD HEARTBREAKER」でも貫禄たっぷりのステージを作り上げていた。

LADIES ROOM

LADIES ROOM



Hyakuさん(Vocal)

Hyakuさん(Vocal)



同じくエクスタシーレコードに所属していたLADIES ROOMは、「Anarchy in the U.K.」というイギリスのパンクバンド・Sex Pistolsのカバーからスタート。

この楽曲は、エクスタシーレコードが1991年に行った「エクスタシーサミット」でセッションされて以来、ライブの定番となっており、当時を知るファンの心を鷲掴みにしていた。

さらに「『どうしても歌いたい曲があるんです』って言ってきたから」と紹介されてRYUICHIさんが登場。

X JAPANのHIDEさんが歌ってたんですよね」と語り、往年のデュエット曲「酒と泪と男と女」のカバーが行われ、ボーカルのHyakuさんとしっとり歌い上げていた。

DEAD END

DEAD END



MORRIEさん(Vocal)

MORRIEさん(Vocal)



かつてLUNA SEAのドラム・真矢さんもサポートドラマーとして加入していたDEAD ENDのステージでは、特にRYUICHIさんとLUNA SEAのギタリスト・SUGIZOさんが参加して演奏された「SERAFINE」が格別の盛り上がりを見せる。

それぞれがトリビュートアルバムへの参加や、アルバムでのカバーを行った同曲が、ステージ上で再びカバーされ、会場を感動の渦で包み込んだ。

その後も「Dress Burning」「Devil Sleep」といった楽曲を演奏し、50歳を超えてなお衰えぬ歌唱力で沸き起こる歓声に応えていた。

圧倒的な存在感を見せつけた2組



SIAM SHADE

SIAM SHADE



栄喜さん(Vocal)

栄喜さん(Vocal)



ライブも後半にさしかかり、SIAM SHADEが登場すると、これまで以上に観客からの熱気に満ちた様子が伝わってきた。

真矢さんが「なんてカッコイイんだ!なんて日だ!」と、ステージ袖から現れながら「どうしてもこの場所で聞きたい曲がある」と話すと、会場からは待ってましたと言わんばかりの歓声が。

DAITAさんのギターから往年の名曲「1/3の純情な感情」のイントロが演奏されると、1度は真矢さんが歌い始めて笑いが起こっていたが、改めてボーカルの栄喜さんが歌うと、確固たる実力を見せつける迫力のステージで、アリーナを魅了していた。

DIR EN GREY

DIR EN GREY



京さん(Voice)

京さん(Voice)



独特な世界観で世界中から賞賛を浴びるDIR EN GREYは、登場するやいなや会場の空気を一気に張り詰めさせる緊張感のあるステージを創出。

SUGIZOさんがヴァイオリンで参加した「空谷の跫音」でも感動的な音楽をつくり上げていたが、後半には凄まじい気迫を感じるデスボイスとともに暴れまわるメンバーにあわせて、会場の興奮もたまかるばかりだった。

圧倒的なオーラを放つX JAPAN



TOSHIさん(vocal)

TOSHIさん(vocal)



YOSHIKIさん(Drums)

YOSHIKIさん(Drums)



YOSHIKIさん(前:Drums)、TOSHIさん(Vocal)

YOSHIKIさん(前:Drums)、TOSHIさん(Vocal)



ライブもいよいよ終盤へとさしかかり、いよいよX JAPANがステージにあがる瞬間が近づくにつれ、どこからともなく赤いサイリウムが灯りだし、2つ重ね合わせてX字にして掲げる人が会場中に現れた。

X JAPANのワールドツアーのオープニングとして使用されている楽曲「Miracle」をSEに、ツアーの映像とともにステージに登場。

ステージから燃え盛る炎が立ち上る中、「JADE」「Rusty Nail」「」といったバンドを代表する曲が次々と放たれ、悲鳴に近いような歓声が会場中から沸き起こる。

さらには、 YOSHIKIさんがMCで、20年ぶりにアルバムが発売される予定という事を明かし、会場にどよめきと歓声が響き渡る中、新曲「Kiss the Sky」のコーラスを、会場の声を使ってその場で収録するというサプライズまで行われた。

最後には、オーディエンスが一体となるXジャンプが象徴的な「X」が演奏され、会場が揺れるほど何度もジャンプを繰り返す。

さらに曲間で、1998年に急逝したX JAPANの伝説的ギタリスト・HIDEさんの映像が流れると、さらに会場の熱気は極限まで高まり、そのままYOSHIKIさんの「We Are X!」の掛け声とともにステージを後にした。

モニターには急逝したメンバー・hideさんとtaijiさんの名前が。

モニターには急逝したメンバー・hideさんとtaijiさんの名前が。



オーガナイザーであり、メインアクトのLUNA SEAが登場!



RYUICHIさん(vocal)

RYUICHIさん(vocal)



LUNA SEA

LUNA SEA



大トリを飾るLUNA SEAは、登場前にもかかわらず、待ちきれない会場からは拍手が鳴り響いていた。

改めてステージに立ったRYUICHIさんは「X JAPANとかLADIES ROOMとかTOKYO YANKEESとか、たくさんの先輩たちが駆けつけてくれて、そして仲間たちや若いバンドたちも出てくれて、まるでロックの地層みたいな、この何十年の歴史をここで一気に感じてもらえるような1日になりました」と初日を振り返って語った。

TONIGHT」「STORM」「gravity」「Sweetest Coma Again」といった名曲がたたみかけるように披露され、幕張メッセを埋め尽くす超満員の観客たちも、後ろまで人が手を振りかざし、それに答えていた。

RYUICHIさんも「結構さ、声枯れちゃったんだけど」と語ったように、本調子ではない様子だったが、それを補って余りあるほどの熱気が観客の合唱から感じ取ることができた。

さらに中盤では、「本当は一緒にこのステージに立ちたかった」と、hide with Spread Beaverの「ピンクスパイダー」をカバー。

スクリーンに大きく映し出されたhideさんの姿と、「hideさんがX JAPANとLUNA SEAが出会うきっかけをくれた」と語られ、この1日を通しても、未だ強い存在感を放つhideさんへの熱い想いに、思わず涙する人も見受けられるほどだった。

その後も「STORM」「TIME IS DEAD」「ROSIER」といった代表曲が惜しげもなく演奏され、会場の熱気は最高潮へと上り詰めたまま、鳴り止まない拍手とともに圧巻のステージに幕を下ろした。

アンコール

アンコールで登場した出演者



アンコールで再び登場したLUNA SEAは、X JAPANをはじめとする出演者たちを次々とステージへ呼び込み、最後にYOSHIKIさんがhideさんの象徴ともいえるイエローハートのギターをかけて登場。

YOSHIKIさんが「今日は本物のhideも連れてきました」と語ると、改めて会場から大歓声が起きた。

そして、このそうそうたる面々でLUNA SEA初期からの人気曲「PRECIOUS…」のセッションが行われ、奇跡の狂宴がまぎれもなくステージ上で実現されていた。

そして、最後の1曲には恒例となっている名曲「WISH」が選ばれ、LUNA SEAの5人の演奏と会場中の大合唱によって、熱狂に満ちた初日のステージを締めくくった。

※記事初出時、一部出演者表記に誤りがございました。お詫び申し上げると共に、慎んで訂正いたします