突然、消えた彼の“ときめき”を復活させる3つのコツ

写真拡大

ずっと彼に愛され続けるのは、むずかしいと思っていない? 例えばよくあるのが、付き合う前は男性のほうが積極的だったのに、付き合い始めたら女性の気持ちが盛り上がり始めた。一方、彼の気持ちは冷めてきてしまった…というケース。

「これは、性別で相手に求めるものが違ううえに、求めるタイミングも違うからです」と、恋愛コーチの立川ルリ子さんは言う。無暗に不安になる前に、まずは男女のときめきかたに違いがあることを理解するといいそう。

「男性が本能的に女性に求めるものは、征服欲、独占欲、追求心、競争心、性欲。女性が男性に求めるものは、理解、共感、守ってもらうこと。男性の欲求のほとんどは付き合い始めるころには満たされますが、女性の欲求は付き合って以降に相手との良好な関係を継続することで満たされるもの。ゆえに、付き合い始めてから温度差が生まれてしまう場合があるのです」(同)

温度差を感じた女性は、彼に対して猜疑心や不満が生まれてしまい、その結果、彼のことを束縛したり、ケンカを売ってしまったり…わざと無理な要求をして彼を試してしまうことも。

「でもこれは逆効果。温度差を埋めるために必要なのは、次のふたつをすることです」(同)

(1)彼の言動をなるべく肯定的に受け止める。
(2)自分の意見を言う前に、「そうだね」「わかるよ」と同意を示す
(3)不安な気持ちよりも、彼を好きな気持ちを伝える

このみっつが実践できれば、再び男性は女性にときめきを感じるのだそう。すると、付き合い始めの温度差は消え、男性は女性が求める“理解”や“共感”、“守ってもらうこと”を自然と実行してくれるのだとか。“彼が冷たい”とか“かまってくれない”という不満を持っている女子は、今日から始めてみて。

立川ルリ子
恋愛コーチ。25歳よりラウンジを経営、のべ200人以上の接客業の女性たちをコーチングの技術で魅力的に育て上げる。その後ネイルサロン経営に転身。施術中に恋愛相談をすると「必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題になり、恋愛カウンセリングが人気に。2011年より定期的に恋愛セミナーを開催。10年で7万人という顧客データをもとにしたアドバイスには定評がある。近著は『「この女に愛されたい」と思われる“彼女”になる方法』(大和出版)、『気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、どんな彼でも自然とあなたに恋する本』(SBクリエイティブ)。女性の恋の悩みを解決する日本最大級のサイト「恋愛ユニバーシティ」にてコラムを執筆中。