[日本-メコンU-15サッカー交流プログラム]「自分で自分の心に火をつけろ」指揮官の言葉に発奮したU-15日本代表が全勝V!

写真拡大

[7.3 日本-メコンU-15サッカー交流プログラム U-15日本代表 2-0 広島JY J-GREEN堺]

 カンボジア、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオスのメコン5か国と、U-15日本代表、ヴィッセル神戸U-15、サンフレッチェ広島ジュニアユースの8チームが優勝を争った「日本-メコンU-15サッカー交流プログラム」は3日、大会最終日を行った。グループリーグA、Bをそれぞれ首位で勝ち抜いたU-15日本代表と広島JYによる1位決定戦は、2-0でU-15日本代表が勝利した。

「自分で自分の心に火をつけられないようじゃ、自立したサッカー選手じゃない」。試合前に森山佳郎監督からかけられた言葉に発奮したU-15日本代表の選手たちが、序盤から広島JYを押し込んだ。

 まずは前半6分、中央をテンポ良くパスを繋ぎ、右を上がったDF遠藤光(三菱養和SC調布ジュニアユース)がゴール前にクロスを入れると、ゴール前のFW石井快征(鳥栖U-15)がヘディングシュート。これは惜しくも枠の右に逸れたが、14分にもMF神戸康輔(大阪桐蔭高)のスルーパスから右サイドに展開し、再び遠藤と石井のホットラインでゴールを狙うなど果敢な仕掛けで広島JYに主導権を与えなかった。また、右からだけでなく、左サイドからもDF岩井龍翔司(横浜FMジュニアユース)とMF桝谷岳良(川崎F U-15)のコンビがチャンスメーク。サイドを広く使った攻撃で、広島DFの中央にスペースを作ると、20分に遠藤が右サイドから広島DFとGKの間に通したパスをMF船越大夢(神戸U-15)が合わせて、試合を動かした。

 対する広島も、23分に「ここでアピールすれば、次に繋がるという思いで試合に挑んだ」という代表組のFW桂陸人が高い位置でボールをカット。素早くMF閑田隼斗に繋ぎ、ゴール前にスルーパスが入ると、FW棚田颯が抜け出したが、判定はオフサイド。反撃のきっかけを掴めないまま、前半を終えた。

 後半も試合の主導権は日本。前半同様にピッチの幅を使った攻撃を展開しつつ、奪われても高い位置から奪い返し、2次攻撃に繋げた。後半12分には桝谷が右サイドからPAに切り込み、GKを引き寄せると、後方へパス。FW石井が無人のゴールを狙ったが、DFにクリアされる。以降も決定機を作ったが、「最後の部分で甘さが出た。出し手と受け手の動きが合っていなかったり、パスやボールコントロールの質が甘かった」(森山監督)と課題が露呈し、追加点に繋がらない。

 嫌な流れを断ち切ったのは「試合に出て良いプレーするために、相手がどういうプレーをするかベンチから見ていた」というMF本間至恩(新潟U-15)だった。後半頭からピッチに入ると、切れ味鋭いドリブルでサイドから中に切れ込み、攻撃を活性化。15分には右サイドでのスローインから抜け出した桝谷のクロスを反対サイドで合わせて、2点目をマークした。3点目を奪うことはできなかったが、最後まで選手たちが戦う姿勢を見せ続けたU-15日本代表が2-0で勝利。4戦全勝で、大会を締めくくった。

「ここから何人、メイングループに入っていけるか」(森山監督)という狙いで集められた今大会のメンバー18名(DF竹島京介は途中離脱)は初めて「00ジャパン」に選ばれた選手が10名。U-14世代から7名選ばれるなどフレッシュな人選となった。4日間の活動で、初招集となったDF遠藤が「最初は戸惑いがあったけど、段々と話せるようになって凄く楽しめた」と話すなど、日の丸の重圧に慣れた選手が増えたことは一つの収穫。また、3月に堺で行われた日本・中央アジアU-15サッカー交流大会で追加招集されて以来のU-15代表となったMF桝谷が「前回は球際の部分が甘いと言われたけど、チームに帰ってからも強く戦う部分を意識してきた。周りの選手から、『代表に行ってから変わったな』って言われた」と話すように、復帰組が成長を示したことも心強い。

 また、国内にいながらアジアの空気を知れたことも大きい。5-0で快勝したグループリーグ初戦のU-15カンボジア代表戦は「前半は台風みたいな風、後半はプールみたいな水浸しのピッチ。4月のインドネシア遠征で味わったような環境。アジアと同じような環境を彼らが味わえたのは大きな収穫」(森山監督)。前半に2点のビハインドを背負うことになったグループリーグ第3戦のU-15ベトナム代表戦では、FKの際に相手がキッカーから離れない、軽い接触でも治療を要求し時間を稼ぐなど、勝負に拘る相手の姿勢に戸惑いを見せたが、後半に立て直し、3-2で逆転勝利。「ほとんどの選手がアジア勢と試合するのは初めて。最初は戸惑いもあったと思うけど、一度経験すれば、免疫というか、こう来るんだってことが分かるので、次は動じなくなると思う」(森山監督)と4月に行ったインドネシア遠征組23名に続いて、対アジアとの戦いを肌で知った選手が増えたこともプラス材料だ。勝って終わりではなく、得た収穫を9月に行われるAFC U-16選手権予選に繋げることができるか。貴重な経験を積んだ選手含めて今後のU-15日本代表に期待したい。

[写真]先制点を奪ったMF船越大夢を祝福するU-15日本代表の選手たち

(取材・文 森田将義)