Doctors Me(ドクターズミー)- 夏に多い「暑さ負け」!ところで夏バテと何が違うの?

写真拡大

暑くなってくると、食欲がなくなり体の調子も悪くなる……これって夏バテ? それとも暑さ負け? 今回はこの夏バテと暑さ負けについて、医師に伺いました。

■ 基本的には同じ意味だった!?

本来、夏バテとは暑さの影響で体力が消耗・低下したことで秋口に体調を崩す際に使われていた言葉。つまり、夏の時期に生じる体調不良に用いるのは誤用だったのです。しかし現在は、夏の時期の不調を夏バテと呼ぶことが多く、暑さ負け、夏負け、暑気あたりと同様の意味で使われています。

■ 夏バテの原因・症状

クーラーなどがなかった時代は、暑さによる体力の消耗や、食欲の低下などが主な症状でした。しかし現在は、この症状に加えて冷房による室内と屋外の気温や湿度の差が大きいことも原因のひとつに。それにより、本来身体を一定に保とうとする自律神経系の働きが環境についていけなくなり、倦怠感や頭痛なども生じやすく、体の抵抗力まで落ちてしまい、風邪などを引きやすくなる、といったことも考えられます。

■ 対策には何よりも休養が一番!

夏バテは暑さや温度の変化によって体が疲れてしまっている状態なので、症状をやわらげたり予防するには、よく体を休めることが大切です。

<夏バテ対策つのポイント>
1. しっかりと睡眠を取る
2. 栄養バランスのよい食事をする
3. 夏バテに効果的な食材を積極的に食べる
ビタミンB1、B2などのビタミンや、クエン酸、たんぱく質などを含む、豚肉や納豆、豆腐、グレープフルーツや酢の物などが有効
4. 体を冷やしすぎない
外と中の気温差を5度以内に設定。また、寒いと感じる際は上着を着たりして調節することが大切です。
5. 冷たいものばかりを飲まない
暑い時にはどうしても冷たい飲みものが欲しくなりますが、冷たいものばかりとっていると胃の吸収を妨げ、胃がもたれやすくなったり食欲がでなくなったりします。

■ 医師からのアドバイス

暑さだけではなく、クーラーによる室内と外の温度差にも夏バテや暑さ負けを引き起こす原因があるのです。ただでさえ、体調を崩しやすい夏場。できることから体をしっかりいたわり、夏もエネルギッシュに過ごしましょう。