ファスベンダーも、悪くない:映画『Steve Jobs』予告編、第2弾が公開

写真拡大

ウォルター・アイザックソンによる伝記に基づく映画『Steve Jobs』。予告編第2弾が公開された。

スティーヴ・ジョブズの映画『Steve Jobs』が、今年10月9日から全米で公開される予定だ。ウォルター・アイザックソンによる伝記に基づく作品で、監督はダニー・ボイルだ。

「ファスベンダーも、悪くない:映画『Steve Jobs』予告編、第2弾が公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

どの作品でも台詞の言葉が多いことで知られる脚本家、アーロン・ソーキンが手がけているというのに、予告編第1弾では、ジョブズ本人が語る場面はほとんどなかった。

ステージに立ち、黙想にふけるジョブズ。そこに他の登場人物たちの声がかぶさっていくーー予告編第1弾の中心は、それらの声だった。

関連記事:ファスベンダーのジョブズは「まったく似ていない」(予告編公開)

しかし、今回の第2弾では、スティーヴ本人が語っている。マイケル・ファスベンダーが演じる彼の弁舌はとても滑らかだ。

ジョブズ役にファスベンダーというチョイスは、最初は奇妙に思えた。率直に言って、2人はまったくと言っていいほど似ていないからだ。しかし、もしこの予告編が何かを教えてくれるとしたら、それはファスベンダーがまさに体当たりで演じていて、それが成果をあげているということだ。

アップルの共同創設者、スティーヴ・ウォズニアックを演じるセス・ローゲンや、あるいは、Macintoshのマーケティング担当責任者であるジョアンナ・ホフマンを演じるケイト・ウィンスレットも熱演している。

3つのアップル製品が世に送り出されたときを描くこの作品が、本当に素晴らしいかどうかは、現時点ではまだ何とも言えない。しかし少なくとも、その一端をいまこうして垣間見ることができた。

TAG

AppleMovieSteveJobsVideoWIRED US