「中野シスターズ」公式サイトより

写真拡大

東京都・中野区に拠点を持つ2Dイラストや3Dグラフィックを制作する株式会社ガミングが、中野区の応援キャラクター・中野シスターズをWeb上で発表した。

【商用利用/二次創作も可! 中野区の応援キャラクターがポップすぎるの画像・動画をすべて見る】

中野シスターズは、鷲宮なか、鷲宮カノという姉妹設定のキャラクターで、二次創作可商用利用可、しかもクレジット表記不要という完全フリーで提供される。

また、UnityアセットやFBX、MMDにも対応した3Dモデルも製作中で、こちらも動画投稿サイトへのアップロードや自作ゲーム、法人での商用利用可で無料配布されるという。

制作会社もポップな雰囲気が出ている


今回、中野シスターズを発表した株式会社ガミングは中野区に所在地を持つ2Dイラスト・3Dグラフィックの制作会社。

会社概要を見るに、代表取締役は富坂遼さんという、明らかに日本人の名前なのだが、PR動画では謎の黒人が代表として会社の宣伝をクールに行っている。



中野シスターズ以外にも、利用した期間に応じて金額を支払うサブスクリプション方式のキャラクターライセンス「GUIMM -グイム-」の提供を行うなど、受託制作だけでなく、自社サービスにも力を入れている企業のようだ。

中野シスターズとは?


中野シスターズは、2050年の未来からやってきた姉妹という設定のキャラクター。サブカルの聖地である中野で楽しく創作活動を行っているらしい。公式サイトではキャラクターの自己紹介ボイスを聞くこともできるので、ぜひとも一聴してもらいたい。

鷲宮なか

鷲宮なか 公式サイトより



鷲宮かの

鷲宮かの 公式サイトより



突如として発表された中野区の応援キャラクター。今後どのような形でユーザーに使われていくのかに注目していきたい。