25日、韓国・ニューシスによると、ゼイド・ラアド・アル・フセイン国連人権最高代表が、慰安婦問題について「到底許し難い蛮行」と批判した。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。Record China

元慰安婦女性が支援団体「挺対協」を批判 「闘争家の側にいるよう」

ざっくり言うと

  • 慰安婦問題で日本政府に謝罪などを要求している支援団体「挺対協」
  • 元慰安婦女性が、「当事者の意見を聞かない」として挺対協を強く批判した
  • 「挺対協の人たちは闘争家の側にいるようだ」とも述べたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング