©2014 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

7月18日(土)全国公開される映画『インサイド・ヘッド』。

【画像】確かに似てる! 『インサイド・ヘッド』で生かされた「アリス」の名シーン

「ピクサー最高傑作」との声も多く上がっている、大注目の作品です。

素晴らしい世界観と、豊かな表現力で描く“頭の中”の物語。

その表現を実現させた背景には、ディズニーの名作アニメーション映画『不思議の国のアリス』がありました。

今回は、『インサイド・ヘッド』と『ふしぎの国のアリス』の意外な関係をご紹介します。
映画のネタバレはありませんよ!

“頭の中”を描くためにこだわった照明技術

『インサイド・ヘッド』の舞台は、文字通り“頭の中”。

少女ライリーの頭の中にいるヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリという5人の感情が主人公です。

映画では、ライリーが生活する現実の世界と、ライリーを司る頭の中の世界が登場。

観客はそれぞれの世界を行き来し感情たちの行動がライリーの現実の行動にどのように反映されていくかを見ていきます。

2つの世界を描き分けるため、頭の中の世界は、照明にとてもこだわって作られています。

感情たちのふわっとした輪郭をはじめ、頭の中の世界がファンタジックに見えるのは、こだわられた照明技術が活躍しているからなのです。

『インサイド・ヘッド』と『ふしぎの国のアリス』のチシャ猫の意外な関係

照明技術にこだわるため、ピクサーの照明部門スタッフたちは、ディズニー映画『ふしぎの国のアリス』を参考にしました。

少女アリスが夢の世界に迷い込み、ふしぎなキャラクターと出会っていく物語『ふしぎの国のアリス』。

少女の頭の中の世界を描いているという点では『インサイド・ヘッド』と共通点を持っている作品だといえるでしょう。

では、『ふしぎの国のアリス』のどこが『インサイド・ヘッド』に活かされたのか。
それは人気キャラクター、チシャ猫です。

チシャ猫といえば、ピンクと白の縞々で、自在に消えたり現れたりするふしぎな猫。
その登場シーンを思い出してみましょう。

白ウサギを見失い、道に迷ったアリス。

リスの周りの草木が順番に青や緑に光りながら背景が真っ暗になり、最後はアリスだけに照明が当てられます。

何が起きるのかと思った瞬間、チェシャ猫の白い歯が三日月のように現れます。

これこそが、『インサイド・ヘッド』に活かされた照明の効果。

この照明の使い方は、チシャ猫の登場シーンを劇的に演出しているといいます。

美しい“頭の中”の世界観を彩る照明技術

照明監督のキム・ホワイトは、チシャ猫の登場シーンを見て「ただ照明がオンとオフになるだけでなく、照明自体が物語を語ることができると思った」と話しています。

チシャ猫の表現を生かすため、仮のセットを作り、初期バージョンのヨロコビを立たせ照明のテストをしました。

それを見た監督のピート・ドクターは「これまでとは違った形で頭の中を見せる可能性に溢れているね」とテスト段階にも関わらず大絶賛。

ここから試行錯誤を繰り返し誕生したのが、「頭の中の司令室の全容を見せる場面」です。

ライリーの頭の中に彼女の思い出が蓄積されるのですが、この思い出がやってくる様子をヨロコビが眺めるシーンに、チシャ猫の照明表現が生かされています。

実際に映画を見ると、思い出が通ると背景がピンクやオレンジに光っていくのがわかります。
まさに『ふしぎの国のアリス』の背景が光る様子とリンクしているのです。

私は、『インサイド・ヘッド』を観て、その素晴らしい世界観やストーリーはもちろん、これまでにない世界観を分かりやすく美しく説明していく冒頭シーンに大変驚きました。

映画の事前知識がなくても、簡単に“頭の中”の世界観を説明していく様子はまさに美しいという表現がぴったりでしょう。

そんな美しい説明を可能にしているのが、ディズニーの名作が生かされた照明技術だったのです。

ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』。

是非劇場でその素晴らしい世界観と、それを表現する照明技術を味わってみてください。

映画『インサイド・ヘッド』は7月18日(土)全国公開。
『ふしぎの国のアリス』デジタル配信中