アップル製品のバッテリー性能が80%を切ったら、タダで交換してもらえるようになる

写真拡大

「AppleCare+」の規定が改定され、バッテリーの無償交換が「本来の状態の50パーセントを下回った場合」から「80パーセントを下回った場合」になった。

「アップル製品のバッテリー性能が80%を切ったら、タダで交換してもらえるようになる」の写真・リンク付きの記事はこちら

「MacRumors」の7月1日付けの記事によると、アップルは6月末、同社の製品保証サーヴィス「AppleCare+」の規定を改定し、今後はバッテリー性能が本来の状態の80パーセントを下回った場合、無償交換に応じることになったようだ。

以前の規定では、AppleCare+による無償交換の対象になるのは、本来の状態の50パーセントを下回った場合であり、かなりのヘヴィーユーザーや、最初から欠陥のあるバッテリーが入った製品に当たってしまった人くらいに限られていた。

標準的な「AppleCare」でカヴァーされているMacについても、バッテリー性能が本来の状態の80パーセントを下回った場合に無償交換すると、サポートページの脚注に書かれている(日本のサポートページでも、「修理サービスは、Macまたはアップル製ディスプレイおよび付属アクセサリについて、(i)材質上または製造上の瑕疵が生じた場合、および(ii)バッテリーの性能が正式な製品仕様の80パーセント以下しか維持できなくなった場合に利用できます」とある)。

AppleCare+は、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watchが対象で、製品購入時あるいは購入から60日以内に追加で申し込むことができる。Mac向けのAppleCareは、標準の製品保証期間(購入から1年)の間であれば、いつでも申し込める。

(関連記事)「iPadのバッテリー問題」にアップルが回答

TAG

AppleArstechnica USBattery