日本時間2日、サッカー女子W杯において、なでしこジャパンが決勝進出を決めた。

フィジカルに勝る強豪イングランド女子代表を相手に忍耐を強いられる苦しいゲームを競り勝った彼女達。その底知れない強さと精神力に日本列島が驚嘆する中、サッカー解説者・大竹七未さんもまた驚きを隠せなかった。

3日放送、フジテレビ「とくダネ!」で解説を務めた大竹さんは「90分でしっかり勝ちきれたところが素晴らしかった」と切り出したが、次の瞬間には「なんで、なでしこってこうやって勝てるんだろうって私も不思議に思うくらいでした」という解説者と思えない発言も――。

だが、決勝戦については「イングランドはスピードとパワーだけだったんですけど、アメリカはスピードとパワーとうまさが加わる。そんな簡単ではない。しっかり守ってワンチャンスをものにできれば」と期待を寄せた大竹さんは、「(米国代表の)モーガンに仕事をさせないために前から守備をする」といった具体的なアドバイスも送った。

そんな彼女が出した決勝戦の予想スコアは「1-1」で「90分では1-1の予想です」というもの。その一方で小倉智昭氏は「2-1」でなでしこの勝利とした。