当初対応するウェアラブル機器

写真拡大 (全2枚)

 パナソニック ストア法人サイトは、スポーツ中のバイタルデータをクラウドで管理し、トレーニング効果の確認などプラン作成の分析に活用できるスポーツチーム向けトレーニング支援ツールとして、スポーツデータクラウドサービスの提供を7月中旬に開始する。

 同サイトを運営するパナソニック コンシューマーマーケティングは、クラウドを用い、選手が行うトレーニングや練習、練習試合時のバイタルデータを取得・蓄積し、練習メニュー別に負荷やトレーニング効果の確認が行え、継続してデータを管理できるスポーツデータクラウドサービスを提供する。

 サービスは開始当初、心拍数、ステップ数、ジャンプ回数など3軸加速度センサーを活用したデータ、呼吸数、表皮体温のデータ蓄積とグラフによる可視化を行う。また、練習メニューと共にグラフ表示が行えるので、どの練習で選手に負荷が掛かっているか、かかっていないのかなどを心拍数、ステップ数などと比較して簡単に確認でき、心拍数グラフでは選手個別の最大心拍数に応じて閾値を設定することができる。こうすることで、例えば、最大心拍の75%〜90%の運動が練習全体の何割を占めていたかなどを簡単に確認することが可能となっている。

 同クラウドに最初に対応するウェアラブル機器は、北米のベンチャー企業「バイタルコネクト社」が提供する、胸に貼りつけるタイプの「ヘルスパッチ」(民生版)で、今後対応するウェアラブル機器は追加していく予定だという。

 スポーツデータクラウドサービス利用料は、10選手利用の場合、年額 216,000円〜となっている。