2014年1月のチーム結成以来、トータル17試合を戦ってきたU−22日本代表にとって、7月1日に行なわれた親善試合のU−22コスタリカ代表戦(2−0)は、これまでのベストマッチと言える内容だった。

 立ち上がりこそ、コスタリカの巧みにアングルを作ったボール回しと、日本のDFラインの裏を狙う攻撃に劣勢を強いられたものの、最初の10分間を凌ぐと、日本が主導権を奪い返した。1トップの浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、トップ下の中島翔哉(FC東京)、右サイドハーフの前田直輝(松本山雅FC)がスピーディーに縦を突き、スピード不足のコスタリカDF陣を何度も慌てさせた。

「(浅野)拓磨のスピードを生かしていこうと話していた。自分がボールを持ったときには、スペースを開ける動きを心がけていた」(中島)

 ボールの奪い合いでも、中米の猛者に引けを取らなかった。なかでも素晴らしかったのが、ボランチの遠藤航(湘南ベルマーレ)だ。激しく寄せられてもボールを失わず、逆に何度も相手からボールを奪った。それだけでなく、今合宿のテーマである「縦の意識」を体現するように、常に縦パスを狙い、前線へのスルーパスを繰り出していった。

「当たり負けしなかったのは自信になりました。縦は常に意識しているけど、今日は相手がマークに食いついてくるという分析があったので、特に狙っていこうと意識した」と遠藤自身が振り返れば、手倉森誠監督も「攻撃のスイッチを入れてくれた」と賛辞を送った。

 先制点の起点となったのも、遠藤だった。遠藤のパスから左サイドバックの亀川諒史(アビスパ福岡)が仕掛け、そのクロスにMF野津田岳人(サンフレッチェ)が右足を合わせた。

 後半に入ってチームが示したのは、コンセプトのひとつ「柔軟性」だった。相手が5−3−2のシステムに変更してくると、日本もMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)を投入し、4−2−3−1から4−1−4−1へと布陣を変更。中盤で数的優位を作り、コスタリカの反撃を許さなかった。

 その後も、選手を交代させるたびに、各選手のポジションが目まぐるしく変わったが、誰もがそのポジション変更に柔軟に対応していた。例えば、矢島はサイドハーフ、インサイドハーフ、ボランチ、野津田は左サイドハーフ、右サイドハーフ、トップ下と、3つのポジションでプレイ。それぞれ、そつなくこなした。

 交代選手の質の高さも目立った。途中出場のMF喜田拓也(横浜F・マリノス)が球際の強さと3人目の動きでチームを活性化すれば、同じく途中出場のFW金森健志(アビスパ)は高い攻撃意識で前への推進力を生み出し、「ファーストタッチで前を向けたので、ゴールしか見ていなかった」と、ドリブル突破から豪快なシュートを突き刺した。

 こうして2点のリードを奪った日本は終盤、3−4−2−1へとシステムを変更し、危なげなくゲームを終わらせた。「日本のほうが大半で上回っていた」と敵将が嘆いたように、まさしく完勝だった。

 振り返ってみれば、このコスタリカ戦を迎えるにあたり、不安要素はたくさんあった。

 昨年9月のアジア大会、準々決勝の韓国戦(0−1)を最後に、歯ごたえのある相手と戦っていなかったこと。アジア以外のチームと初めて戦うゲームだったこと。そして、今年3月のリオデジャネイロ五輪アジア1次予選を戦って以来、久しぶりの活動だったこと。

 さらに、その1次予選から、メンバーを半数近く入れ替えたこと。負傷が癒えたばかりのFW鈴木武蔵(アルビレックス新潟)やMF大島僚太(川崎フロンターレ)ら主力選手を温存させたこともそうだが、コスタリカ戦ではそうした不安を払拭。チーム作りが正しい道を進んでいることを証明した。

「全員攻撃、全員守備。攻撃における優先順位やバリエーション、守備では前からのプレスやブロック、そしてシステム変更への柔軟性など、あらゆる面において、彼らが成長しているという手応えを感じている」

 試合後、手倉森監督も満足気にそう語った。

 だからといって、リオデジャネイロ五輪への切符が約束されているわけではない。

 改めて確認しておくと、アジア最終予選の方式が今回、大きく変更された。前々回の北京五輪、前回のロンドン五輪と、過去2大会の最終予選は、4チーム×3グループによるホーム&アウェー方式のリーグ戦で行なわれ、各グループで1位になったチームが出場権を獲得できた。ところが今回は、来年1月にカタールで開催されるU−23アジア選手権が最終予選を兼ねることになり、そこで上位3位までに入ったチームに五輪の出場権が与えられることになった。

 つまり、"長期間にわたるリーグ戦"から"短期決戦のカップ戦"に変更されたのだ。

 各チームとホーム&アウェーの2試合ずつ戦うリーグ戦では、最終順位に実力差が反映されやすい。そのため、日本はいくら苦戦しようとも、最終的に首位に立ち、これまで出場権を獲得してきた。

 一方、リオデジャネイロ五輪の最終予選では、圧倒的な強さでグループステージ(4チーム×4グループ)を勝ち抜こうと、大会全体を見渡してナンバーワンの実力を誇ろうと、8チームによる決勝ラウンドの初戦や、3位決定戦で敗れれば、その時点で五輪への道が閉ざされてしまう。一発勝負での勝負強さが、求められるのだ。

 また、これまでは毎月のように組まれる予選を戦いながら、チーム力を高めていくことができた。実際、北京五輪予選ではカタールに、ロンドン五輪予選ではシリアに敵地で敗れたが、崖っぷちに追い込まれたことで、チームはひと回り大きくなったものだ。そうした経験が、今回はできない。

 最終予選まであと半年。その期間の強化日程においても、不安が残る。

 現時点で予定されている活動は、10月末の九州合宿、12月上旬のカタール合宿、12月末の石垣島合宿の3回しかない。国内での短期合宿が追加される可能性はあるようだが、今回のコスタリカ戦を最後に、テストマッチが追加される予定はないという。

 そこには、チームとしての強化を図るより、「一番の強化は、まず選手が所属クラブで試合に出場すること」(サッカー協会・霜田正浩技術委員長)という強化指針がある。

 確かにコスタリカ戦では、所属クラブでレギュラーの座をつかんだ前田、喜田、矢島らがチームに上積みをもたらした。だが一方で、今回のU−22代表メンバーも挑んできたU−20W杯アジア予選では、日本はここ4大会続けてベスト8で敗退し、世界への切符を逃してきた。しかも、このU−22代表自体、昨年1月のU−22アジア選手権、昨年9月のアジア大会と、ともにベスト8で破れているという現実がある。結果だけを見れば、U−22日本代表の実力は、アジアで8位前後ということだ。

 にもかかわらず、この強化日程には危うさを感じざるを得ない。一発勝負における弱さを克服することは難しく、現状のままなら、日本の五輪出場は非常に難しい。それぐらいの危機感が必要だ。

 チームとしての活動が少ない以上、選手ひとりひとりが高いレベルのゲームを経験して力をつけ、それによって、チーム力も上げていくしかない。それは、選手たち自身もわかっているようだ。浅野が「(A代表が8月に参加する)東アジアカップのメンバー入りを視野に入れている」と宣言すれば、遠藤は「五輪のあと、最終予選のあと、と言わず、その前にA代表に入って、もっと成長したいと思っている」と力強く語った。

 この先、チームの連係を磨く時間は限られている。リオデジャネイロ五輪に出場できるかどうか、ベスト8の壁を越えられるかどうかは、選手それぞれの成長にかかっている。前田、喜田、矢島に続き、所属クラブでポジションを獲得する選手、8月の東アジアカップでハリルホジッチ監督から声をかけられる選手の出現を待ちたい。

飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi