「あらいずみるいスレイヤーズ25周年記念展」キービジュアル

写真拡大

ライトノベルの金字塔『スレイヤーズ』の25周年を記念して、イラストを担当したあらいずみるいさんの展示会『あらいずみるいスレイヤーズ25周年記念展』が、7月11日(土)から、青山にある漫画・アニメ・ゲーム専門のギャラリー・GoFaにて開かれる。入場料は1000円。

【ラノベの金字塔『スレイヤーズ』25周年! あらいずみるい個展を開催の画像・動画をすべて見る】

本展では、初期の原画から近年のデータ出力画を中心に、会期を3つに分割して、作品の一部を入れ替えながら展示が行われる。

また8月2日(日)・23日(日)にはサイン会も予定されているほか、すでにチケットは完売となっているが、7月19日(日)には著者の神坂一さんとあらいずみるいさんによるトークショーが行われる。

見てくんないと暴れちゃうぞ!


スレイヤーズ 25周年あんそろじー

スレイヤーズ 25周年あんそろじー



『スレイヤーズ』は、1989年から始動し、ライトノベルというジャンルを一般層にまで浸透させた歴史的作品。2000年に15巻をもって完結した本編のほか、2011年までに30巻を超える番外編が刊行されている。

原作である小説だけでなく、漫画、アニメ、ゲームなどさまざまな展開が行われ、ライトノベル原作のメディアミックスモデルで大成功を収めた草分け的存在として、社会現象を巻き起こした。

あらいずみるいさんは、小説の挿絵を担当していたほか、アニメのキャラクターデザインや原案なども手がけている。

本展では、そんなあらいずみさんが25年にわたって描き続けてきたキャラクターたちの魅力や世界観が詰め込まれた展示会になるとのこと。

さらに、アートグラフや、アートカードといった展示会記念グッズの販売や、コラボカフェも開かれ、メニューから『スレイヤーズ』を振り返ることができる。