Doctors Me(ドクターズミー)- つらい生理痛……腰が痛くなるのは何故!?

写真拡大

生理時に腰が痛いのはホルモンのせい?

生理痛といえば、子宮のある下腹部の痛みが一般的ですが、そのちょうど裏側、腰にも痛みを感じることがありますね。重いだるい痛みがあって、立ち上がって歩いていくのも億劫になったりします。
この生理痛の腰の痛みが出る理由として挙げられるのが、生理の時に体内で起こっているホルモンの急激な変化です。

腰痛の原因はリラキシンとプロスタグランジン?

生理は妊娠が成立せず、不必要になった経血を身体の外に排出する働きです。普段は排出されない量の経血を子宮口から出すために、「リラキシン」というホルモンが卵巣から分泌され、骨盤を開きやすくする働きをします。

このリラキシンは腰やその周辺の筋肉にも作用するため、腰痛を起こしやすくなると考えられています。また、生理の時の下腹部痛の原因となる痛み物質である「プロスタグランジン」の分泌量が多いことや、冷えなどによる下腹部や腰回りの血行不良も腰痛を引き起こす要因になると考えられています。

生理中のカフェインはNG!

生理中のつらい腰痛を少しでも楽にするために、まずできる方法としては、身体を温めることが挙げられます。必要に応じて身体を冷やさない下着を利用したり、ひざ掛けや腹巻を利用するのもいいでしょう。
また、アイスクリームや氷の入った飲み物などを避け、温かい飲み物や生姜など身体を温める食材を取り入れてみる<のもいいでしょう。

さらに、コーヒーなどに含まれるカフェインは血管を収縮させ、血の巡りを悪くしてしまう効果があることがわかっています。血行不良が問題になりやすい生理中は、少なめにしたほうが安心です。

白砂糖や一部のインスタント食品なども摂り過ぎると身体を冷やしてしまうことが知られています。身体がだるくて、「料理をしたくないな-」と思うこともたびたびある生理中ですが、極端に偏った食生活は腰痛、生理痛悪化の原因になりますので避けましょう。

医師からのアドバイス

ほかにも、生理痛の腰痛対策として、腰痛のツボの刺激やお灸も効果があるようです。
姿勢の悪さなどによる骨盤のゆがみも生理中の腰痛を悪化させるといわれていますので、普段の姿勢や歩き方から少しずつ改善していけるといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)