世界待望「インデペンデンス・デイ」続編、日本公開は2016年に決定。

写真拡大

1996年7月3日に全米で封切られ、世界中で大ヒットを記録した「インデペンデンス・デイ」(日本公開は同年12月7日)から20年、映画史に刻まれる超大作の続編のタイトルが「インデペンデンス・デイ:リサージェンス(原題)」に決定。そしてこのたび、独立記念日の前日であり、全米公開日と同じ7月3日に、日本公開は2016年となることが発表された。

6月22日(現地時間)、メキシコ州アルバカーキのスタジオにて出演キャスト&スタッフによる製作発表会見が行われ、前作に引き続きメガホンをとるローランド・エメリッヒ監督ほか、前作からの続投キャストのジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、ブレント・スピナー、ジャド・ハーシュ、新キャストのリアム・ヘムズワース、ジェシー・アッシャー、マイカ・モンロー、セラ・ワードらが一堂に会し、世界中の報道陣の前に姿を現した。

舞台は前作でエイリアンを撃退してから20年後の世界。人類は団結し、エイリアンの侵入を阻止しようと彼らのテクノロジーを利用した防衛システムを構築している。さらに「インデペンデンス・デイ:リサージェンス(原題)」の意味については、「エイリアンの侵略があった後、共通の敵を相手に世界がひとつにまとまっている。これがリサージェンス“復活”の意味だ」とエメリッヒ監督は説明。

ゴールドブラムは、彼が演じる科学者のデヴィッド・レヴィンソンは新たな戦略の指揮をとると発言。「前回の戦いを経験したあと、世界の国々は一つの目標のもと、素晴らしい形で協力している。国境は今までのような意味を持たなくなっていて、これはとても素敵なアイディアだ。人類は力を合わせている」と力強く語った。

この日お披露目されたフォークリフトのような船は、月にある軍事基地で“ムーン・タグ”と呼ばれる、新防衛システムのためのマシン。主人公ジェイク役に抜擢されたリアム・ヘムズワースが乗るものとのことで、「ジェイクは最初の攻撃で、両親を失い、孤児院で育ったが、軍隊に入って最高の戦闘機パイロットになった。彼は意地を張ったせいで、人命を危険にさらした過去があるが、“ムーン・タグ”に乗るというすごい仕事を手に入れている」とヘムズワースは、ジェイクの過去を交えて明かした。

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」は、2016年6月24日全米公開。2016年、日本公開。