ジャニーズ初の小説家・加藤シゲアキの最新刊。痛みも苦しみもわかる2人の奮闘が楽しみだ。

写真拡大

7月3日(金)深夜24時20分から『NEWSな2人』(TBS系列)という特番が放送される。「激撮!インテリジェンスワイドショー」と枕言葉がつくに相応しく、出演はジャニーズきってのインテリコンビNEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキだ。

小山は明治大学文学部を卒業しており、加藤も青山学院大学法学部の出身と、すでにジャニーズに所属していながらも芸能活動と学業を両立してきた二人がレポーターを務める。

番組のコンセプトは、情報過多の現代社会で忘れ去られてしまった騒動や話題に目をつけて取材するというもの。「そういえばあったね!」「いまさら?」という事柄にスポットをあてることで、流行の移り変わりや現代人が抱える悩みを探るというもの。

番組プロデューサーの武藤淳氏は、「人の噂も75日…かつて話題となったあのワイドショーのトピックは今、一体どうなっているか!?その真相を突き止めるべく、NEWSの小山慶一郎さんと加藤シゲアキさんにジャーナリストとして体を張って頂くことにしました!」とコメントしている。体を張ったのかコヤシゲ!

すでにロケを済ませた二人。小山はオタクの聖地である秋葉原へ乗り込み、メイドカフェを突撃取材。別の局でキャスターをつとめているだけに取材には慣れているものの、行き先はメイドカフェ。普段あまり足を踏み入れなさそうな異文化の中で、ハメを外しちゃったりしないのだろうか……。

一方の加藤は、薬物依存更生施設「ダルク」への取材を敢行。薬物依存症のリハビリ施設の代表的な場所。薬物事件の度に目にする場所だ。実際に施設に入所し、更正を目指す人たちとの対話を通してどんなことを感じたのか、ジャニーズ初の小説家としても活動する加藤のコメントが気になる。

番組の放送にあたって、二人からはこんなコメントが寄せられた。

小山慶一郎「僕は秋葉原の“今”を調査してきました。一日中秋葉原を歩き回ったことで、なぜ秋葉原がオタクの聖地として成り立っているのかが見えてきました。そして、僕は秋葉原の魅力に気付いてしまいました。ぜひ、僕からの調査報告を見ていただけたらと思います。」

加藤シゲアキ「薬物は自分の人生には関係のないものだと思って生きてきましたが、今回色々な人の話を聞いて、とても怖いものだなと改めて気付かされました。依存症になってしまった場合、リハビリプログラムももちろん大事ですが、最終的には心に寄り添ってくれる仲間の存在がどれだけ大事なのかが分かりました。学べる人生訓がたくさん詰まっていると思いますので、人生を間違えないためにも是非見て頂きたいと思います。」

次々に目新しいビジネスが生まれる秋葉原で、時代と共に注目度が下がりつつあるメイドカフェ。小山や加藤が所属するNEWSも一時期はメンバーの相次ぐ脱退によってグループ存続の危機に晒された経験を持つ。

「YOUはさアナウンサーになったほうがいいよ」8年前に事務所社長から、突然こう言われたという小山は、アイドル活動と平行してそのお告げのとおり夕方の報道番組でキャスターを務めている。また、グループの存続の危機に直面したときに「自分にできることはないか」と奮起し、小説を書くことでグループの存在感をアピールした加藤。どん底に突き落とされた過去もあれば、ピンチから這い上がってみせた現在がある。“インテリジャニーズ”と呼ばれ、華々しいイメージがあるものの、その影では他のグループにはない苦しみを味わってきた小山と加藤。

ジャニーズとして異色の二人が、アイドルの仕事では絶対に足を踏み入れないだろう場所へ潜入し、どんなことを伝えてくれるのか。コヤシゲの奮闘ぶりが気になる。『NEWSな2人』は7月3日(金)深夜24時20分から放送。
(柚月裕実)