絶対まねしちゃダメ! 金遣いが荒い人の3つの特徴

写真拡大

恋人に限らず、お金の使い方が著しく荒い人って、あまりお近づきにはなりたくないですよね。価値観のちがう人といると、不快を覚える、というのは珍しいことではありません。そんな人と気付かず親しくしてしまわないために、今回は20代の女性たちに金遣いの荒い人の特徴について聞いてみました。

■そのブランド物を買うお金はどこから……

・「ブランド品ばかり持っている」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「新しいブランドのバッグを買った直後に、新しいバッグがほしいと言ってる人」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

・「ブランドものをたくさん持ってる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「ブランドもの好きで、ほしいと思ったらリボ払いにしてでも買っちゃう人」(26歳/学校・教育関連/専門職)

生活水準がそれに伴っていたら話は別ですが、平均的な収入のはずなのにブランドものばかり持っている人は浪費家の傾向があるでしょう。

■付き合いが良すぎて散財

・「派手、付き合いが良すぎる」(28歳/電機/技術職)

・「毎日飲み会に行く人」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「毎日仕事のときも外食をして、ランチを楽しんでいる」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「付き合いが広すぎる」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

外食は浪費の最大の敵。付き合いがいいことは悪いことではありませんが、良すぎると、無計画にお金を使っている人の可能性大。

■衝動買いがとまらない!

・「衝動買いが多い」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「服など、ほしいと思ったものをその場で購入してしまう人」(22歳/情報・IT/技術職)

・「衝動買いを躊躇しない」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ほしいものがあったらすぐ買ってしまう人やよく遊びに行く人」(25歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

欲望に対する自制心が弱く、衝動買いが多い人はまちがいなく浪費家でしょう。意味なくものをたくさん持っている人には要注意。

金遣いが荒い人の特徴、いかがでした? もし、該当しそうな人がまわりにいたら、よーく行動を観察して、「やっぱりお金使いすぎ!」と思う節があったら、そっと距離を置いたほうがいいかもしれません……。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数122件(22歳〜29歳の働く女性)