2015年7月3日、中国の電子機器メーカー、北京小米科技(シャオミ)の雷軍CEOが2015年上半期の携帯電話販売状況について明らかにした。

 報告によると、小米2015年上半期(1月―6月)の携帯電話販売台数は、2014年同期と比較して33%の増加し、3470万台に達した。

 なお、小米2014年の携帯電話販売台数は、2013年比227%増の6112万台であった。
 小米の携帯電話販売台数増加速度は、昨年から大幅に鈍化しているものの、比較的高い水準を維持している。

(China Press 2015:IT)