<ザ・グリーンブライヤー・クラシック 初日◇2日◇ザ・オールド・ホワイトTPC>
 米国男子ツアー「ザ・グリーンブライヤー・クラシック」が、ウエストバージニア州にあるザ・オールド・ホワイトTPCが開幕。その初日、石川遼が7バーディ・1ボギーの“64”でラウンド。6アンダーで4位タイ発進を見せた。
米国男子ツアーの最新情報を写真でチェック!
 全英への切符を懸けた戦いで好発進だ。INの1番でティオフすると、14番で1メートルにつけ最初のバーディを奪取。すると18番、折り返しての1番と連続バーディを決めてスコアを伸ばす。
 さらに4番でティショットを左に曲げてボギーを叩くが、続く5番でピンにピタリとつけてバウンスバック。良い流れを継続させると、6番、7番と3連続バーディ。最後まで勢いは衰えることなく、上がりの9番でもスコアを伸ばしてホールアウト。首位と2打差、トップを狙える位置で初日を終えた。
 「満足度は高い。手応えをすごい感じた。7個のバーディが獲れる、そういう内容のゴルフができてた」と笑顔で振り返る。「最近にはないぐらいバーディパットの距離が近さだったのが楽だった。ほとんどのショットでアドレスがすごく決まり、しっくりきた」とショットが冴え、次々にピンに絡めていった。
 現時点で「全英オープン」の出場資格を持っていない石川。今大会は先週の「トラベラーズ選手権」に続き、上位12名までで出場権を持たない4人に出場資格を付与される今大会は重要な一戦となるが、出場権は意識せずに臨む。「聞かれれば行きたい。セントアンドリュースは憧れの舞台」としながらも「最後の最後までわからない。あと54ホールある。目の前の1打1打に向き合っていかなくちゃいけないと思ってる」とまずは明日に集中する。
 「もう一度、今からしっかり練習して、明日は良いウォーミングアップして、最初からバーディを狙ってくアグレッシブなプレーは続けていきたい」。明日はこの日5つのバーディを奪ったアウトからのスタート。序盤で流れを掴み、聖地への切符をグッと引き寄せたいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>