気象庁の14日午前5時半までの発表によると、日本付近は冬型の気圧配置で上空の強い寒気が流れ込み、中国地方北部から近畿地方北部にかけて大雪となった。峠は越えたものの、近畿地方北部では14日日中まで大雪のおそれがある。

 14日午前5時までに鳥取県大山では204センチ、広島県北広島町では94センチの積雪量を観測。15日午前6時までの24時間で予想される積雪量は、兵庫県北部の多い所で10センチを見込む。

 同庁では大雪、積雪や路面の凍結による交通障害や高波、落雷、突風、落雷、突風に注意を呼びかけている。また、積雪の多い山地ではなだれ、船舶などへは強風や高波についても注意を喚起している。

◇アメダス(14日午前5時)による各地の積雪量は、次のとおり。 
広島県:高野町 77センチ
岡山県:八束村 34センチ 
島根県:赤来町 57センチ 横田町 40センチ 巴南町 30センチ 松江市 29センチ
鳥取県:鳥取市 45センチ

【了】

livedoor 天気