アクアブルー ハード・ソフト両面から子供向けに安全性配慮

写真拡大

バンダイナムコグループで、ゲームおよび玩具などを手がけるメガハウス(東京都台東区)は、子供向けタブレット端末「tap me(タップ・ミー)2」を2015年7月上旬に発売する。価格は1万9800円(税別)。

年齢別おすすめアプリなど子供の成長に合わせアプリを追加、長く使用できる

7型ワイドTFT液晶(1024×600ドット)を搭載し、画面にガラスとプラスチック構造のものを採用、万が一割れた場合でも飛散しにくいよう配慮。給電部分はUSBより安全性の高い専用ACアダプターを採用するなど、子供に優しい安全設計を施した。アプリやメール、ネット利用に制限をかけられ、利用時間を指定できる「パパママ管理機能」も搭載する。

子供向けアプリを扱うオリジナルストア「Mega Apps」を用意。夏以降にサービスや機能を拡充し、対象年齢別「おすすめアプリ」の表示など、子供の成長に合わせアプリを追加ダウンロードして長く使用できるという。

OSは「Android 4.4」をプリインストール。Wi-Fi通信対応。デュアルコアCPUを搭載。メモリーは1GB、内蔵ストレージは8GB。アクアブルー、ミルキーピンクの2色が用意されたスタンド付き専用カバーが付属する。