写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で1日、7月3日よりスタートする『妖怪ウォッチ』をテーマにした新イベント「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」(〜9月6日)のプレスプレビューが行われた。

「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」は、ゲームやアニメでおなじみの世界が再現された街並みを舞台に、リアルな"妖怪ウォッチ"と"妖怪パッド"を駆使し、至る所に隠れた妖怪を探すウォークスルー型アトラクション。ひと足早く、同アトラクションを体験。はじめに、妖怪ウォッチと妖怪パッドを渡され、いざ出発! ゲームやアニメの中に飛び込んだ気分で妖怪探しに挑戦した。

「おおもり山」では、妖怪ガシャを体験でき、回すと妖怪執事のウィスパーが登場。「神社」では、ウィスパーと巫女さんが会話をしていると、突然、妖怪ウォッチのレーダーが反応し、画面を連打するとジバニャンが出現! さらに、ジバニャンが妖怪メダルとなって妖怪ウォッチに入り、主人公のケータと同じようにジバニャンと友達になることができた。

「さくらニュータウン」「おつかい横丁」も見事に再現され、ゲームやアニメに登場する店や施設を目の当たりにできる。そして、妖怪パッドに表示されるマップを頼りに、街のさまざまな場所に隠れている妖怪たちと出会え、最後には鬼とのバトルも。プレスプレビューでは先行招待ゲストも体験し、「リアルな街並みが表現されていて、大人でも世界観を楽しめた」「鬼と戦って楽しかった」と興奮の声が上がった。

屋内型の「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」に加え、パーク内の至る所に残された痕跡を頼りに、隠れた妖怪を探し出す「妖怪ウォッチ・ザ・ラリー 〜妖怪不祥事案件を探せ!!〜」(有料)も同時開催。すべての妖怪を発見すると、ゴールでリアルに再現した"妖怪ガチャ"を体験できる。そのほか、ジバニャンを模ったドリンクボトルなど、『妖怪ウォッチ』でおなじみの店やメニューも登場する。

USJでは7月3日より、「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」のほか、「ワンピース・プレミア・サマー」や「バイオハザード・ザ・リアル3」、「ウォーター・サプライズ・パーティ」、「HERO at ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」もスタートする。

「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」開催概要
【開催期間】2015年7月3日〜9月6日
【場所】新アトラクション・エリア(Stage18裏)
【アトラクション形態】アドベンチャー型ウォークスルー・アトラクション
【体験時間】約25分