パイプに付いた唾液のDNA型と一致 shutterstock.com

写真拡大

 「被告人を懲役1年6カ月に処す。この裁判が確定した日から、3年間、その刑の執行を猶予する。東京地方検察庁で保管中の覚醒剤を没収する」

 2009年11月、酒井法子は、覚醒剤取締法違反の有罪判決を受ける。控訴しなかったため、刑は確定した。

 起訴状によると、酒井は2009年7月30日、鹿児島県奄美大島のホテルで、夫が用意したガラスパイプの中の覚醒剤を火であぶり、煙を吸引。さらに8月3日、東京都内の自宅で、ガラスパイプの中に残った覚醒剤0.008gを保管・所持。覚醒剤への親和性や執着心を追及された。

 10月26日の初公判、酒井は起訴状を全面的に認める。4年前に夫に勧められて覚醒剤を初めて使用。2008年の夏頃からは月1回から数回程度、夫と共に使用。常習性や依存性を指摘される。「自分が未熟だった。生活のリズムが崩れ、肉体的・精神的に疲れていた」と動機を漏らしつつ、「夫と離婚して覚醒剤を断ち切りたい。芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」と再起に賭けた。

なぜ酒井のDNA型が判明したのか?

 8月3日、酒井の夫が覚醒剤の所持で現行犯逮捕されると、酒井は任意同行を拒否。尿から覚醒剤の使用が発覚するのを恐れて逃走。8月7日、夫が酒井の覚醒剤の使用を供述。警察は酒井の自宅を家宅捜索。微量の覚醒剤と酒井の唾液が付着したと思われるガラスパイプを発見。逮捕状が出る。8月8日、酒井は警察に出頭し、逮捕された。

 警察は逃走中だった酒井のDNA型をどのように調べたのか?

 酒井の自宅にある着衣、コップ、歯ブラシ、ヘアブラシからDNAは採取できるが、それだけでは酒井のDNA型と一致したとは断言できない。自宅から採取したDNAは、必ずしも酒井のDNAとは限らないため、決定的な証拠としては不十分だ。警察は、ガラスパイプに付着した唾液のDNA型が酒井のDNA型と一致する確証を、どのようにしてたぐり寄せたのだろう?

 酒井が逮捕される3週間前に、彼女の腹違いの弟(山口組系暴力団組員)が覚醒剤取締法違反で逮捕された。酒井の所在がわからないにも関わらず、警察がガラスパイプに付着した唾液のDNA型と酒井のDNA型が一致する事実を掴めたのは、弟のDNA型を鑑定したからだ。

異母姉弟のDNAは、どれだけ一致するのか?

 父親が同じ腹違いの姉弟(異母姉弟)は、双方の両親から半分ずつDNA型を受け継ぐので、DNA型の50%は同一になる。だが、父親から弟に遺伝するDNA型は、必ずしも姉に遺伝しない可能性がある。この場合の判定確率は約80%。DNA型の血縁鑑定は、90%以上の判定確率がなければ判定不能になる。さらに高精度の判定を行うためには、弟の母親のDNA型を調べればよい。

 弟のDNA型から母親のDNA型を取り除くと、姉弟の父親のDNA型が特定できる。特定した父親のDNA型を、ガラスパイプに付着した唾液のDNA型と照合すれば、判定確率は90%以上に高まる。その結果、ガラスパイプに付着した唾液のDNA型は、酒井のDNA型と一致していると判断できたのだ。

 酒井は尿検査と毛髪検査を受けた。覚醒剤は、尿からは検出されなかったが、毛髪から覚醒剤の成分が検出できた。

 ガラスパイプに付着した唾液のDNA型と酒井のDNA型の一致。それは、酒井がガラスパイプを使用したことを証明する。ガラスパイプに付着した覚醒剤の成分と酒井の毛髪から検出した成分の一致。それは、酒井の体内にガラスパイプから吸引した覚醒剤が残っていたことを証明する。この二つの事実を突き合わすと、酒井はガラスパイプを使用して、覚醒剤を使用した事実が立証される。

 ヤッピー、いただきマンモス、うれピーなど、のりピー語を流行らせたのりピー。かつてのアイドルが覚醒剤にうかつにも手を染め、快楽に暴走した。自己をコントロールできない未成熟な熟女の大失態。警察もマスコミも大衆も、瞬間的に攪乱されたように見える。

 司法は、犯罪を裁くが、ヒトの心を育てる力はない。覚醒剤事犯の再犯率は、およそ50%という。覚醒剤の依存性の頑迷さとリスクを如実に物語る。しかし、事件の背後では、DNA型鑑定が異母姉弟を特定したり、毛髪検査が覚醒剤の使用を証明したり、法科学の最先端テクノロジーが本領を発揮した。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。