フランスのUber、違法営業の疑いで裁判へ

写真拡大

フランスのタクシー運転手たちがUber社に対する激しい抗議活動を展開するなか、Uber社の幹部2名が、営業の合法性について取り調べを受け、9月に裁判を受けることになった。

「フランスのUber、違法営業の疑いで裁判へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

Uberのフランス現地幹部2名が取り調べを受けた。アプリで配車サーヴィスを提供する同社と、フランスのタクシー運転手および当局との間では、数カ月におよぶ対立が繰り広げられてきた。

AFPの報道によると、Uber社のフランス現地マネジャーであるティボー・シンファルと、西ヨーロッパを統括するゼネラルマネジャーであるピエール=ディミトリ・ゴア=コティは6月29日(現地時間)、警察に身柄を拘束され、「違法行為」に関する取り調べを受けたという。2人は9月30日に裁判を受けることになっている。

今回の取り調べは、Uberの営業に関する合法性に対しての捜査の一環だ。なかでも、同社が提供する最も価格の安いサーヴィス「UberPOP」の合法性が、その焦点のようだ。

UberPOPでは、正規の資格をもたない「素人」のタクシー運転手が予約を受け付けている。UberPOPは、以前よりフランスのカズヌーヴ内務大臣から「違法」であることを指摘されており、パリのタクシー運転手たちによる最近の抗議活動の火種にもなっていた。この抗議活動では、結果的に70台の車が燃やされた。

Uberのパリオフィスは今年3月、警察の捜索を受けた。しかし、6月29日の時点では、UberPOPを含むUberの全サーヴィスが稼動している。

逮捕や裁判の詳細は現時点ではまだ公表されていない。しかし、オランド大統領も公の場でUberPOPのサーヴィス停止を求めている現状だ。

フランスでは2014年10月、未登録のタクシー運転手と顧客との(アプリ)交信を禁止する法律が制定されたが、これに対してUber社は即座に異議を唱えた。この法律が違憲かどうかを裁定する裁判は9月に予定されている。そのため、9月30日に幹部に対して行われる裁判が、この裁判と重なる可能性もある。

関連記事Uber、各国で相次ぐ営業停止・当局からの訴訟

今週はじめのAFPの記事は、カズヌーヴ内相が「UberPOPは違法なサーヴィスであり、停止しなければならない」と述べたと報じている。6月29日には、各省が集まって「専門的職業であるタクシーに対する違法行為を鎮圧するためにあらゆる措置を取る」ことを明らかにしたという。

Uberは、ドイツやスペインインドでも、禁止法や法的トラブルとの闘いを余儀なくされてきた。

一方、イギリスでは、ロンドンのジョンソン市長が、「ブラックキャブ」運転手たちの溜飲を下げるために、ちょとした妥協案を提示している。Uber運転手たちがロンドンで客を乗せる許可を得るには、縮小版ではあるが「The Knowledge(ロンドンでタクシー運転手になるために合格しなければならない非常に難しい試験)」をパスしなければならないのだ。

TAG

FranceSharing EconomyUberWIRED UK