画像は雪見亭公式Webサイトのスクリーンショット

写真拡大

粉雪のような新食感のスイーツ「スノーパウダー」の専門店・雪見亭の世界第1号店が、7月1日に東京・中野ブロードウェイの地下1階にオープンした。店舗にはイートインスペースが設置されているほか、テイクアウトでも購入可能。

【粉雪スイーツ「スノーパウダー」中野に上陸! ふわふわでさらさら♡の画像・動画をすべて見る】

厳選した国産牛乳を独自のブレンドで配合してつくられる「スノーパウダー」は、ふわふわ・さらさらの新雪のような食感が楽しめるスイーツとなっている。

メニューはミルクパウダーそのものの味を楽しめる「ピュアミルク」から、バニラクリームをサンドしたビターなココアクッキーをたっぷりのせた「ショコラクッキー」まで、全8種を取り揃えている。価格は380円から680円まで(税抜き)。

1年中ふわふわな雪が食べられる……!


画像は公式Facebookより

画像は公式Facebookより



「スノーパウダー」は、口の中に入れるとまるで雪のようにそっと溶けていく新食感が楽しめるスイーツ。その日の気温にあわせて、牛乳などの材料を最適なブレンド比で配合する特殊製法によって、やわらかくきめ細かいふわふわとした食感になるという。

全メニュー8種/画像は公式Webサイトのスクリーンショット

全メニュー8種/画像は公式Webサイトのスクリーンショット



通年メニューは、宇治抹茶と小倉を組み合わせた和風テイストの「スペシャルグリーンティー」や、さわやかなマンゴーソースとマンゴー果肉をのせた「ごろ〜りマンゴー」、キャラメルポップコーンと濃厚なキャラメルソースを組み合わせた「ポップ塩キャラ」など、バラエティ豊かなラインナップ。

さらに、今後は旬の果物を使用した季節限定メニューも提供されるほか、店舗のある中野の地域性を活かしたサブカルチャーとのコラボレーションや、アジアからの観光客を意識したメニューも開発していく予定だという。

同店では、すでにベトナムのホーチミンにて、約150席の大型店舗となる第2号店の出店も予定されており、今後は直営店だけでなくフランチャイズ展開も行っていくとのことだ。