攻守に貢献でMOMの有吉、PK獲得の場面は「思い切って飛び出した」

写真拡大

 なでしこジャパンは、1日に行われたFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015準決勝でイングランド女子代表と対戦し2−1の勝利を収め、2大会連続の決勝進出を果たしている。

 試合後のインタビューに応じたDF有吉佐織は「ホッとしているというか…、よかったと思います」と話すと、自身がPKを獲得した場面について「阪口(夢穂)にボールが入った瞬間に、ベレーザでもああいった形で裏を取ることがあるので、阿吽の呼吸というか、出てくると思ったので、思い切って飛び出してみました」と振り返った。

 試合全体を通しては「相手がフィジカルを全面に押し出してプレーしてくるので、しっかりと守備から、ということとコミュニケーションをとって相手にスペースを与えないようにと。そこからチャンスがあればタイミングよく上がっていこうと思っていたので、サイドから得点が取れたことは良かったと思います」とコメントしている。

 PK獲得に加え、ディフェンスでも勝利につながる活躍を見せた有吉はこの試合のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれたが「後ろが点を取られなければ、いつか前線の選手が点を取ってくれると思っていたので、しっかり我慢してできたので、よかったです」と話し、苦しい時間を耐えたことで結果につながったことを喜んだ。

 最後に決勝戦に向け、「一試合一試合、チームとしても成長できていると思うので、アメリカ戦では成長した、また新しいチームとして思い切りプレーしていきたいです」と意気込みを語っている。

 決勝戦は5日に行われ、なでしこジャパンとアメリカ女子代表が対戦する。