負傷離脱安藤を決勝の地へ…「勝利のクマ」に込めた思いが結束生む

写真拡大

[7.1 女子W杯準決勝 日本2-1イングランド]

 日本女子代表(なでしこジャパン)は、W杯初戦後、無念の負傷離脱を余儀なくされたFW安藤梢の思いも乗せて、快進撃を続けている。

 ベンチにはこの日も白くまのぬいぐるみが持ち込まれていた。。持参したのはFW岩渕真奈。安藤の背番号7のユニフォームを着せたものだが、岩渕は「この間持ってきて勝てたので、今日も持ってこようと思いました」とゲンを担いだことを明かす。DF有吉沙織は「勝利のクマです」と満面の笑みを浮かべた。

 日本に帰国して左足首の手術を受けた安藤だが、決勝に勝ち進めばバンクーバーに戻ってくることが決まっていた。「勝利のクマ」に込めた思いが、なでしこの結束をより強固なものにした。FW川澄奈穂美は「これで安藤選手もバンクーバーに来れることになった」と喜び、「23人全員で戦いたい」と闘志を燃やした。


●女子W杯2015特集