決勝でゴール誓う岩渕真奈「最高の相手と最高のチームで戦える」

写真拡大

 なでしこジャパンは、1日に行われたFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015準決勝で、イングランド女子代表と対戦し2−1で勝利。連覇へ向け決勝進出を果たした。

 後半に途中出場し、武器のドリブルで流れを変えた岩渕真奈は試合後、「あまり流れが良くなかったので、とにかく流れを取り返そうと思って入りました」とピッチに入った際の意識を明かすと、「個人的にはまだまだだなと思っているので、次は『点』という形につながるように頑張ります」と、ノーゴールを悔やみつつ、決勝での得点を誓った。

 なでしこは5日に、連覇をかけて2大会連続でアメリカ女子代表との決勝戦に臨む。岩渕は、「最高の舞台で、最高の相手と、最高のチームで戦えるので、しっかりいい結果を日本にもって帰れるように全員で頑張りたいと思います」と意気込みを語った。