マツコ・デラックス

写真拡大

1日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスが、就職活動中の学生の悩みに呆れる一幕があった。

番組では、22歳男子大学生から寄せられた「企業からの『サイレントお祈り』にストレスを感じる」との投稿メールを紹介した。

「サイレントお祈り」とは、企業が採用者のみに連絡をすることを言い、不採用通知のメールの最後に「今後のご健闘をお祈り申し上げます」と書く、いわゆる「お祈りメール」すら届かない状態を指すようだ。

マツコは「この人は何がイヤって言ってるの?」と、理解できないようで「落ちたからカチンときてるんでしょ」と切って捨てた。続けて、「企業だって『落ちたよ、このヤロー』って書くわけにはいかないでしょ?」と、「お祈りメール」の意図を汲むべきとし、「ガマンしなさいよ。それが世の中ってものよ」と呆れた様子。

それに、有吉弘行が「(最後に『お祈り』を書かないと)それはそれで(学生は)『腹立つ』って言うんだから」と返すと、マツコも「『もうちょっと優しくしろ』って絶対言う」と同意していた。

さらに「サイレントお祈り」について、マツコは「(企業は)『お祈りメール』を出したら出したで(学生に)怒られて『印象悪い』って言われる」「『(学生は)デリケートなんだから出さないほうがいい』っていう企業の気持ちも分かる」などと持論を展開。結局、マツコ、有吉とも自身が学生なら「不合格通知はいらない」との結論に至っていた。

【関連記事】
有吉弘行が夏目三久アナウンサーに不満爆発 収録時間の長さにうんざり
マツコ・デラックスが黒柳徹子にみせた失態を猛省
マツコ・デラックスが夏目三久アナウンサーの一言に激怒