グーグルの音楽配信、キモは「リコメンド」と「広告型無償版」

写真拡大

グーグルは、音楽配信サーヴィス「Google Play Music」〈広告型無償版〉を新たに米国で開始することを発表した。「Spotify」「Apple Music」「Amazon Music」など同分野は激戦区だ。グーグルの目指す新しいサーヴィスとはどんなものか、同社のプロダクト・マネージャーに聞いた。

「グーグルの音楽配信、キモは「リコメンド」と「広告型無償版」」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Apple Music」無料期間における、アップルのアーティストへの報酬方針を批判するテイラー・スウィフトのタンブラーレターがアップルの態度を180度変えさせたのは周知の通りだ。アップルはこの無料期間中もアーティストにお金を支払うことを約束したが、グーグルは自社サーヴィス開始によって、より多くのユーザーを呼び込もうとしている。

「既存の音楽サーヴィスで、クレジットカードを利用するのが煩わしいと感じる人々を見続けてきました。もしこの新しい無償サーヴィスで音楽を聴いてもらえるなら、できるだけ速くそのユーザーに音楽を届ける。それが、われわれのアジェンダです」と、グーグルのプロダクト・マネジャー、エリアス・ローマンは語った。

単なる「ライブラリー」や「サーチエンジン」ではない

ローマンの大きなプランは、多くのユーザーが「Google Play Music」で音楽を聴くことだ。そして、Google Play Musicの使命は、毎日の日々を〈よりよくするような音楽〉を提供することだ。

つまり、朝起きて会社に行く、あるいは学校へ行く…。どんなときでも、〈よい曲〉はわたしたちの生活をよい方向へと変化させてくれる。ユーザーのおかれる環境(今週のある日、その日のある時間、利用するデヴァイス、どれひとつとってもすべて異なる環境で、いま何をして何を聴きたいのか)によって、求められる音楽も変わってくるだろう。

そんなとき、Google Play Musicを使う。そうすることで、単に“あなた”のためではなく、 ちょうどいま“この瞬間のあなた”に完璧に調整されたプレイリストが手に入る、というわけだ。例えば、あなたが午後2時にラップトップを抱えてGoogle Play Musicを開くと、ビートの効いた「仕事用プレイリスト」が提供されるはずだ。また帰宅して照明を暗くすると、ムードのある「プライヴェート用プレイリスト」が流れ始めるかもしれない。

こうしたユーザー情報は、Googleを通してYouTubeやその他のアプリケーションへも反映される。Google Play Musicは、どんな曲を聴けばいいかわからない人や、新しい音楽を見つけるのがあまりにも苦痛で、毎日同じ12曲を聴き続けている人々にも役に立つだろう。

「彼らは、なにもDJになりたいわけではない。そんな人々にぼくらはサーヴィスを提供するのだ」とローマンは言う。それは、つまり〈iPodシンドローム〉の解決だ。

グーグルの目指す音楽サーヴィスの価値観

Google Play Musicは、音楽ストリーミングサーヴィス「Spotify」の真似ではないが、あらゆる曲にオンデマンドで、低価格または無償で、自由にアクセスできる。そのアプローチは、むしろアメリカのインターネットラジオ「パンドラ」に似ているのかもしれない。

曲やアーティスト、アルバムを選ぶ。再生される。するとそのたびにグーグルからアーティストへの支払いが発生する。「われわれが曲をタダで提供するべきだと思わないのは、無償であればユーザーに〈タワーレコードの鍵〉をもたせるようなものだからだ」とローマンは言う。

ローマンは、「テイラー・スウィフトも含めたアーティストたちが心配していることは、広告収入による曲の無償提供だと思う。われわれもとても近い認識をもっている。曲の所有権やその売上の問題どちらもともにダメにしてしまう」と続ける。

ローマンは、Google Play Musicをラジオ機能に例える。無償版リスナーに対して、さまざまな方法でひと月に10ドルほどの有償版アップグレードへと導く。有償版のメリットは、やはり「広告が無いこと」である。Google Play Musicの広告は、(YouTubeと同じように)プレロールビデオでプレイリストの最初に1回表示される(実際にはさほどひどくはないそうだ)。有償版ではオフラインサポートも得られ、ユーザーはオンデマンドですべてのライブラリーが聴き放題となるのが売りだ。

これは、アップルとグーグルの価値観の違いを示す小宇宙だ。アップルの世界では、全世界が耳を傾ける〈独立したラジオ局〉が存在する。一方、グーグルの世界では、誰もが違うものを望んでいて、〈ユーザーごとのプレイリスト〉という完全なデータを自動的に届ける。

しかし共通するのは、両社とも「みんなに音楽を聴いてほしいし、そのためにアーティストにはお金を支払うつもりだ」という考え方だ。

いまや世界の音楽業界の権威となったテイラー・スウィフトも、これなら納得するのかもしれない。

関連記事テイラーのネット帝国〈スウィフトピア〉の反乱

TAG

GoogleGoogle play MusicMusic StreamingTaylor SwiftWIRED US