攻守でチームの完封勝利に貢献した遠藤「勝つことは自信に繋がる」

写真拡大

 U−22日本代表は、1日にユアテックスタジアム仙台で行われた国際親善試合でU−22コスタリカ代表と対戦し、2−0で勝利を収めた。

 試合後、攻守に渡って存在感を発揮したMF遠藤航が手応えを口にした。

「やっぱり勝つことは自分たちにとっては自信になるし、内容も悪くはなかったと思う。球際などを意識した中で、しっかり戦いながら高い位置でボールを奪ってカウンターを仕掛けるシーンも何度か作れた。そういうシーンを作れたのは自信になると思うし、(リオ五輪)最終予選に向けてクオリティを上げていきたい」

 手倉森誠監督は、「遠藤はボールを奪ってから攻撃に転ずるスイッチを入れてくれた。これまではどちらかというと守備のオーガナイザーという役割だったが、今回はまたひとつレベルを上げてチームに絡んでくれた」と遠藤のパフォーマンスを評価。遠藤自身も「球際に関しては対応できたと思うし、自分がしっかり体を当てれば負けないという印象はあった」と感触を掴んだようだ。「自分のところでプレッシャーがある中でもタメを作って展開したり、縦パスを入れたりできればチームも楽になると思う。攻撃の幅や厚みもできるので、常に意識していきたいです」とさらなる成長を誓った。