宮間あや、2大会前のW杯でイングランド相手に劇的すぎる直接FKを決めてた!

写真拡大

いよいよキックオフの時が迫ってきた女子ワールドカップの準決勝日本対イングランド戦。

連覇を目指すなでしこジャパンにとって、難しい一戦になりそうだ。

前回の2011年大会でもなでしこジャパンはイングランドに2-0と敗れている。

さらに、通算対戦成績は日本から見て0勝2分1敗。FIFAランキングでは4位につける日本だが、実は歴史上イングランドに勝利したことがないのだ。イングランドはこれが女子ワールドカップで初のベスト4であり、勢いにも乗っている。

しかし、そんなイングランド相手にも日本は以前、劇的な試合を演じたことをご存知だろうか?

舞台となったのは2007年のワールドカップである。

この時、日本とイングランドは同じグループAに入り、初戦で対戦した。試合は1-1で進んだのだが83分にケリー・スミスにゴールを許し1-2と日本はリードされる展開となっていた。

すると試合終了間際のアディショナルタイム、あの選手が奇跡を起こす。

なでしこジャパンの現キャプテン、宮間あやが劇的な直接フリーキックを突き刺したのだ!

表示されたアディショナルタイムは3分。さらに、ファールをもらった時点ではすでに3分が経過していた。

しかし、後に世界最高のプレースキッカーに成長する宮間は冷静かつ豪快にこれを蹴り込み、日本に貴重な勝ち点1をもたらしたのだった。

この宮間だが、先制点も直接フリーキックから奪っている。

男女を問わず、ワールドカップという大舞台で1試合2本の直接フリーキックを決めた選手が果たしてどれほどいるのだろうか。

宮間あやという選手のポテンシャルを世界に知らしめるような試合がこの8年前のイングランド戦だったのだ。

ちなみにこの宮間だが、今大会に向けたFIFAの公式Youtubeプログラムの中で当時のイングランド戦について語っている。

【Youtubeからご覧ください】

宮間はこの時のイングランド戦がワールドカップのデビュー戦。「まだ世界と戦える自信があまり持っていなかったので、とにかく相手にぶつかっていくだけだという感覚でピッチに立っていました」と振り返る。

中でも当時のイングランドのエースであるケリー・スミスには感銘を受けたようで、「世界で一番のDFだと思っていた当時のチームの池田浩美(旧姓磯崎)選手を見事に交わして得点を決められた」ことが印象に残っているのだそうだ。

ディフェンディングチャンピオンのキャプテンとして、因縁の相手に挑む宮間あや。世界最高と称されるそのキックで、チームを決勝に導いてほしい。

女子ワールドカップ2015の準決勝、日本対イングランドの試合は日本時間2日(木)午前8時キックオフ予定。