意外と知られていない、リオ五輪出場決定チームとオーバーエイジ候補選手

写真拡大

ユアテックスタジアム仙台でさきほど行われたU-22日本代表対U-22コスタリカ代表の強化試合。

試合は2-0で日本が勝利し、1月に行われるU-23アジア選手権に向けた貴重な実践の機会となった。

国際親善試合 vsU-22コスタリカ代表 本日19:00キックオフ(予定) この模様はテレビ朝日系列にて18:53より全国生中継 スタメン(キックオフ約60分前頃に発表予定)及び試合結果はこちら http://www.jfa.jp/national_team/u22_2015/20150701/...
Posted by サッカー日本代表 on 2015年7月1日

さて、2015年も上半期が終了しリオ五輪の開幕まであと1年ほどとなった。

2016年の夏にはフランスでEUROが、アメリカではコパ・アメリカ・センテナリオが開催予定。そしてブラジルではリオ五輪が開催され日本代表の活躍にも期待が集まっているわけだが、現時点で本大会への出場権を手にしているチームは一体どれほどあるのだろうか?リオ行きを決めているチームは実はもういくつかある。

今回は、リオ五輪の出場権を争う各大陸別の予選の現状と、オーバーエイジ候補として噂されている選手の情報をまとめてみたいと思う。

※以下の内容は全て2015年7月1日現在

そもそもの話だが、リオ五輪の男子サッカー競技には16チームが出場する。1枠はホストカントリーのブラジルで、残り15チームが各大陸に振り分けられている格好だ。

ここからは各大陸別の出場に関するレギュレーションを見てみよう。

ホスト国:1枠

出場決定チーム:ブラジル

2014年ワールドカップに続き、世界的コンペティションを開催することになったブラジル。ご存知の通り、オリンピックは王国が唯一手にしていないタイトル。国民の期待も大きいはずだ。

そんなリオ五輪に向けては、A代表の絶対的エースであるネイマールをオーバーエイジとして本大会で起用するのではないかと報じられている。

これは元FC東京の監督で、U-20代表を率いていたアレシャンドレ・ガーロが明らかにしたもの。しかし、ガーロ監督は後に解任されており、続報に期待したいところである。

アジア:3枠

出場決定チーム:なし

日本も関係してくるアジアでは、2016年1月にカタールで開催されるU-23アジア選手権で3つの出場枠を争う。

同大会に出場する16チームは以下の通り。

カタール
イラク
ヨルダン
イラン
サウジアラビア
イエメン
UAE
ウズベキスタン
シリア
オーストラリア
タイ
北朝鮮
韓国
ベトナム
日本
中国

これまでアジアではホーム&アウェイ形式による「予選」という形で五輪の出場権を争っていたが、今回からはセントラル方式での選手権が五輪予選を兼ねるようになり、より熾烈な戦いになりそうだ。

なお、2012年のロンドン大会ではアジアの出場枠は「3.5」だった。

ヨーロッパ:4枠

出場決定チーム:スウェーデン、ポルトガル、ドイツ、デンマーク

全ての大陸の中で、最も出場枠が多いのがヨーロッパ。すでに出場全4チームが決定している。

予選を兼ねていたのは、先月チェコで開催されていたU-21欧州選手権。この大会は予選とプレーオフを勝ち抜いた8チームが出場でき、うち上位4ヵ国にリオ五輪への出場権が与えられることになっていた。

本戦に進んだ8チームは以下の通り。

【グループA】
チェコ
ドイツ
デンマーク
セルビア

【グループB】
イングランド
イタリア
ポルトガル
スウェーデン

この両グループを勝ち上がったドイツ、デンマーク、ポルトガル、スウェーデンの4チームがリオ行きをすでに決めている(イングランドは国際オリンピック委員会に承認されておらず、サッカ―競技でイギリス代表が組織されないことになったため出場資格がなかった)。

出場チームが決定してからオーバーエイジに関する話題もたくさん出ており、ポルトガルサッカー連盟の会長はクリスティアーノ・ロナウドの出場についてコメント。

また、ズラタン・イブラヒモヴィッチはリオ五輪出場に意欲的であり、ドイツ代表から引退しているフィリップ・ラームとペア・メルテザッカーにも代表復帰の話が出ている。

ちなみに、日本時間1日早朝にU-21欧州選手権の決勝スウェーデン対ポルトガル戦が行われ、試合は0-0のままPK戦へ。スウェーデンが初優勝を飾っている。

アフリカ:3枠

出場決定チーム:なし

今年11月から12月にかけてセネガルで開催されるU-23アフリカ選手権の上位3チームに、リオ五輪への出場権が与えられる。

開催国のセネガルはこの大会に出場するが、現時点ではまだ予選の段階にある。

なお、強豪のガーナは予選の2次ラウンドですでに敗退している。

南米:1.5枠

出場決定チーム:アルゼンチン

2012年ロンドン大会では出場枠が「2」であった南米。しかし、今大会ではブラジルで開催されるためその出場枠が「1.5」に減少している。

予選を兼ねていたのは、今年1月にウルグアイで開催されたU-20南米選手権。

ディエゴ・シメオネの息子ジョバンニの大活躍もあり、アルゼンチンが優勝しリオ五輪行きをすでに決定している(当時のチームの選手名鑑はこちらから!)。

なお、2位となったコロンビアは大陸間プレーオフへの出場が決定。大陸間プレーオフについては、後述する。

北中米・カリブ海:2.5枠

出場決定チーム:なし

北中米・カリブ海予選の最終ラウンドで決勝に残った2チームにリオ五輪への出場権が、3位チームに大陸間プレーオフへの出場権が与えられる。

この大会は今年10月にアメリカで開催され、8ヵ国が出場する。現時点でこの大会への出場が決定しているチームは以下の通り。

アメリカ
メキシコ
カナダ

さきほど日本と戦ったコスタリカは中米予選を制することができれば、この北中米・カリブ海予選に進む。

なお、この北中米・カリブ海予選の3位チームはU-20南米選手権で2位となったコロンビアとの大陸間プレーオフを戦う(前述)。

この試合はブラジルで開催され、一発勝負のセントラル方式が採用されている。

2016年3月のインターナショナルマッチウィークに開催される予定であり、リオ五輪に出場する最後のチームがこのプレーオフで決まることになる。

オセアニア:1枠

出場決定チーム:なし

今月に開催されるパシフィックゲームズ2015の優勝チームにリオ五輪への出場権が与えられる。

同大会に出場するチームは以下の通り。

【グループA】
タヒチ
フィジー
バヌアツ
ミクロネシア

【グループB】
ニューカレドニア
ニュージーランド
ソロモン諸島
パプア・ニューギニア

大会の決勝が7月中旬に行われることから、もうじきリオ行きを決めるチームが現れることになる。

最後にまとめてみよう。

現時点で出場が決定しているチーム(2015年7月1日現在)

ブラジル(開催国)
アルゼンチン(U-20南米選手権2015優勝)
スウェーデン(U-21欧州選手権2015優勝)
ポルトガル(U-21欧州選手権2015準優勝)
ドイツ(U-21欧州選手権2015ベスト4)
デンマーク(U-21欧州選手権2015ベスト4)

2015年7月1日現在でリオ五輪出場を決めているのは6チームあり、コロンビアの大陸間プレーオフ参加が決定。それ以外はまだ予選や大会の途中にあるという段階だ。

リオ五輪の男子サッカー競技は、2016年8月3日から19日にかけてブラジルの5つの都市で開催される。