住宅選びの新トレンド「中古物件+リフォーム」が支持されている理由とは?

写真拡大 (全8枚)

人生最大のお買い物といわれる、家。

購入するとしても、考えなければいけないことはたくさんあります。マンションなのか戸建てなのか、どの街か、駅からどれくらいの場所なのか、さらには広さ、部屋数、デザイン……。そしてそれらの希望を叶えつつもしっかり支払えるだけの、予算。一等地にドンと注文通りの新築を建てられるなら話は別ですが、そうもいかない! というのが本音でしょう。自身のライフプランと照らし合わせながら、最適なものを選んでいく。家の購入にはコレが一番重要なのです。

そんな中、最近の住宅業界において、高まっているのが中古住宅のニーズです。でも、単純に「お古だけど安い」という利点だけでは語れないのが、現在の中古住宅事情。特に最近は「中古物件をリフォーム」という選択が増えているようです。その証拠に、最近の住宅リフォームの市場規模は、’09年の5.61兆円から’13年の7.49兆円と右肩上がりの増加を見せています(出典:国土交通省 平成26年住宅経済関連データ)。
つまり、ライフプランに合った中古物件を、住みやすいように改築するというのがトレンドとなりつつあるのです。

そんな「中古物件+リフォーム」というニーズに対応する不動産紹介サービスがパナソニックから新登場しました。その名も「ReaRie(リアリエ)」。これは住宅販売部門とリフォーム部門をグループ内に有するパナソニックならではのワンストップサービスです。



これまでは中古物件の購入とリフォームの契約がバラバラだったものが多く、新築住宅よりも手続きが面倒でした。しかし、「ReaRie(リアリエ)」では、「中古住宅+リフォーム」を同時に手続きができ、さらに一体型ローンなど様々なサービスを活用できるので、思い通りのマイホームをスムーズに実現することができます。もちろん、トータルコストもこれまでに比べてお得になるのも魅力です。
さらに中古物件に欠かせない、住宅診断もしっかり行ってくれます。補修箇所のチェックなど、快適な生活空間にするためのサポートも充実しています。

ではここで、「ReaRie(リアリエ)」の「中古住宅+リフォーム」の事例を見てみましょう。

大阪府Nさんは、奥さまのご両親と二世帯同居をするために、中古住宅の購入を決意しました。立地や建物には十分に満足できるものが見つかりましたが、内装デザインが好みではなく、また全体的に暗い雰囲気。なのでリフォームをご決断されたようです。

トイレや脱衣所、バスルーム、そしてキッチン。リフォーム前後を比較すれば、ご覧のとおり。明るく開放感のある空間に仕上がりました。またバスルームやトイレのバリアフリー化など、奥さまのご両親も将来的に安心して暮らせる設計になっています。その一部をご紹介します。


◆トイレ
洗面台を撤去し、その分は将来車いすでも利用できるよう、トイレの空間を広げて開放的に。手洗いスペースや収納棚も設置しました。


◆キッチン
クローズドタイプのキッチンは壁を取り払い、オープンタイプの対面式に変更。キッチン上部の垂れ壁も取り、すっきりと開放的になりました。ダイニングに面したキッチン側面は奥さまの憧れだった木目調にし、背面のシステム収納も同様の木目調で統一。ダイニングから手元が隠れる高さに設定しました。キッチン脇の物入れには可動棚を取り付け、扉を変更し他の収納扉と統一しています。



◆リビングダイニング
キッチンとLDを隔てる壁を取り払い、真ん中の抜けなかった柱部分を利用して収納付きの間仕切り壁に。リビング側には神棚を、キッチン側にはルーター収納、飾り棚を設けています。さらにリビングには床暖房も設置しました。

また奈良県Kさんはご実家の隣に建つ築32年の木造平屋を購入。規制があって建て替えできなかったため、リフォームを考えられたそうです。

32年の木造住宅で最も気がかりな耐震補強もしっかりとした上で、ご主人が狭いと思われていたお家も、奥さまがちょっと広すぎると感じるくらいに開放的な空間を実現しています。


◆リビングダイニング
南側の和室2室を一体化してLDKに。白を基調に、赤と茶をアクセントカラーにしてスタイリッシュに。オープンキッチン設置にあたり、スペースを確保するため壁を取り払ってLDKの幅を拡大し、天井もできるだけあげて開放的な空間を実現しております。キッチンの隣には洗面所と浴室を配置し、水まわりへの動線もスムーズになりました。


◆リビングダイニング
キッチンはアイランド・フロートタイプのリビングステーションを採用。天板が広くて作業しやすく、IHクッキングヒーターもお手入れしやすいと奥様にも好評です。壁付けタイプから対面式のオープンキッチンに変わったことで、料理中でも小さなお子さまに目が届き、安心感が高まりました。


こんなにも美しく蘇った中古物件。これまでは入居してから不便な面のリフォームを検討するところですが、「ReaRie(リアリエ)」ならリフォーム後に入居できるので、すぐに快適な生活を始められるのも利点です。

より自分の理想に近い形での家作りが出来る「中古物件+リフォーム」をサポートしてくれる「ReaRie(リアリエ)」。住宅購入に興味があれば、まずはサイトをチェックしてみてはいかがですか?



PR企画:livedoor×パナソニック


■関連リンク
ReaRie(リアリエ)