4-2-3-1でスタートした日本は、後半途中から4-4-2にシステムを変更した。

写真拡大

 国際親善試合のU-22日本代表対U-22コスタリカ代表は7月1日、ユアテックスタジアム仙台で行なわれ、日本が2-0でコスタリカを下した。

【コスタリカ戦】サッカーダイジェスト取材記者の採点・寸評
 
 日本のスタメンは、GK櫛引政敏(清水)、DFが右から伊東幸敏(鹿島)、植田直通(鹿島)、岩波拓也(神戸)、亀川諒史(福岡)。MFはボランチに遠藤航(湘南)、井手口陽介(G大阪)、2列目右から前田直輝(松本)、中島翔哉(FC東京)、野津田岳人(広島)。FWは浅野拓磨(広島)の1トップでスタートした。
 
 日本は、コスタリカが時折繰り出すカウンターでピンチを迎えながらも、概ねボール支配で優位に立ち、チャンスを作り出していく。6分、遠藤のスルーパスに抜け出した浅野がシュートを放つも、これは右ポストを直撃。21分にはCKから遠藤のヘディングシュートがコスタリカゴールを襲ったが、GKのファインセーブに阻まれた。
 
 幾度かのチャンスをモノにできなかった日本だが、36分にカウンターからチャンスを迎える。遠藤のサイドチェンジパスに亀川が反応。左サイドを突破し、そのまま中央へクロスを上げると野津田が右足ボレーで合わせ、ゴールネットを揺らした。日本がスピーディな展開から1点を先制し、そのまま前半を終えた。
 
 後半、日本は井手口に代えてMF喜田拓也(横浜)を投入。50分にはその喜田が右サイドを突破し、折り返したボールに再び野津田が飛び込んだが、ここはシュートを打ち切れずチャンスを逸した。
 
 さらに日本は54分、中島のクロスに岩波がボレーで合わせネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールならず。直後に、日本は前田に代えてFWオナイウ阿道(千葉)を投入し、浅野との2トップをテスト。さらにその後、浅野に代えて矢島慎也(岡山)を起用した。
 
 後半は、時間の経過とともに運動量の落ちたコスタリカを日本が一方的に攻め立てる展開となる。追加点が生まれたのは77分、途中出場の金森健志(福岡)が相手のパスミスを奪ってドリブルで持ち上がると、そのまま豪快に右足を振り抜き、強烈なシュートをゴールネットに突き刺した。
 
 日本はその後もボランチの遠藤、後半から左サイドにポジションを移した中島を軸にテンポの良い攻撃で決定機を作り出す。3点目こそ奪えなかったものの、後半は終始危なげない試合運びでタイムアップの笛を迎え、結局日本が2-0でコスタリカを下した。
 
 日本は、来年1月にリオ五輪アジア最終予選を戦う。