リオ五輪目指すU−22日本代表、野津田&金森のゴールでコスタリカに快勝

写真拡大

 国際親善試合が1日にユアテックスタジアム仙台で行われ、U−22日本代表とU−22コスタリカ代表が対戦した。

 2016年のリオデジャネイロ・オリンピック出場を目指すU−22日本代表。今試合では、2016年1月にカタールで開催されるリオ五輪予選を兼ねたAFC U−23選手権へ向けて、チーム強化を狙う。

 日本の先発は、GK櫛引政敏(清水エスパルス)、DF亀川諒史(アビスパ福岡)、DF伊東幸敏(鹿島アントラーズ)、DF植田直通(鹿島)、DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)、MF遠藤航(湘南ベルマーレ)、MF野津田岳人(サンフレッチェ広島)、MF中島翔哉(FC東京)、MF前田直輝(松本山雅FC)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)、FW浅野拓磨(広島)が名を連ねた。

 試合の立ち上がりはホームの日本が主導権を握る。3分、右サイドでボールを受けた中島がドリブルでペナルティエリア内右に侵入し、右足を振り抜くが、シュートは枠の左に外れた。さらに6分、自陣にいた遠藤からのスルーパスでエリア内右に抜け出した浅野が、右足を振り抜くも、シュートは左ポストに弾き返された。

 一方のコスタリカは10分、日本のパスミスを拾い、カウンターからマイロン・ジョルジがエリア内に抜け出し、GKと1対1でシュートを放つ。だがこれは、櫛引が落ち着いて対応し、好セーブでピンチを凌いだ。

 日本は19分、エリア内右でパスを受けた前田が、中央への切り返しで相手DFをかわして、シュートを放つが枠を捉えられない。21分には左CKから、野津田のボールに中央の遠藤が頭で合わせると、シュートは枠を捉えるが、GKダリル・パーカー・コルテスに阻まれた。さらに32分、左サイドからのクロスに、ファーサイドでフリーの中島が右足で合わせるが、ゴール前の相手DFに弾き返される。

 すると36分、日本が先制に成功する。左サイドでボールを受けた亀川が、相手選手をかわしてクロスを供給。ニアサイドで野津田が右足でジャンピングボレーを放ち、ゴールネットを揺らした。前半はこのまま日本の1点リードで折り返す。

 日本は、井手口を下げて喜田拓也(横浜F・マリノス)を投入し、後半を迎える。51分、日本は喜田がエリア内右を突破し、マイナスの折り返し。走り上がってきた野津田がシュートを放つも、相手DFにブロックされた。54分には、中島からのクロスに岩波がダイレクトでボレーシュートを放ち、ゴール左隅に決めるが、オフサイドの判定でノーゴル。その直後、日本は前田を下げて、ナイジェリア人の父親をもつFWオナイウ阿道(ジェフユナイテッド千葉)を投入した。

 61分、日本は浅野に代えて、矢島慎也(ファジアーノ岡山)をピッチに送り出す。65分、右CKでショートコーナーの流れから、エリア内左の中島がダイレクトでクロスを折り返す。そのボールに反応した植田が飛び込むも、わずかに合わなかった。71分に、先制点を決めた野津田を下げて金森健志(アビスパ福岡)を、73分には伊東に代えて、川口尚紀(アルビレックス新潟)を投入。

 77分、パスミスを奪った金森が、自らエリア手前中央に持ち上がり右足を振り抜くと、シュートはゴール右隅に突き刺さり、日本がリードを2点に広げた。79分、日本は中島に代えて小屋松知哉(名古屋グランパス)を送り出す。82分、エリア手前中央でボールを受けた金森がシュートを放つと、枠の左隅に飛ぶが、相手GKコルテスに弾き出された。

 日本は83分、亀川を下げて、高橋壮也(広島)を、88分に遠藤に代えて奈良竜樹(FC東京)を投入した。試合はこのまま終了。野津田と金森がゴールを決めたU−22日本代表が、U−22コスタリカ代表を無失点に抑え、2−0で勝利を収めた。

【スコア】
U−22日本代表 2−0 U−22コスタリカ代表

【得点者】
1−0 36分 野津田岳人(日本)
2−0 77分 金森健志(日本)